レクリエーションで茂原の隅々まで堪能

 6月3日(日)、茂原市立豊田小学校を中心とした地域で『第15回千葉県ウオークラリー大会』が開催され、市内外から450名が参加した。「今年は茂原市レクリエーション協会創立30周年記念でもあります。会場となる豊田小を中心に、今年のテーマでもあります『見る、知る、歩く、私の街』を最大限に楽しんでもらえたら」と話すのは、同協会会長の山口律さん。
 コースは3つ。1つは、新茂原駅方向に流れる川にそった『川の流れのように2㎞コース』、そしてポッチャリ山方面に向かう『寺社と山歩き4㎞コース』、一番長い5㎞は『ふしぎ発見豊田の里コース』。途中のポイント各所には問題が設定されているため、参加者たちはグループごとに時間をおいてスタート。景色を楽しむだけでなく、正解率のアップを目指して寺社や土地についてよく観察していた。
 取材した『ふしぎ発見豊田の里コース』では、スタート直後歩いた雑木林を抜けて現れる昔ながらのトンネルに歓声が上がる。「これって絶対人が掘ったやつだよね」、「涼しい!まるで旅行に来たみたい。写真撮ろうよ」と大興奮。次に広がる田んぼでは、子どもと一緒に水辺を覗きこむ大人たちの姿。そして「ここ、トトロの映画に出てきそう」、「みんなで蛍を見に行った場所に似ているね」と、子ども達との会話も弾む。 快晴の中、汗をかきながらも角にぶつかる度に、みんなで地図とにらめっこ。目印のカーブミラーや建物を入念にチェックする。そして前堰のある渋谷青年館付近で折り返し、光福寺へ。周囲をよく見ていたかの確認として出題される観察問題では、『手水場の彫り物で、狛犬の口が開いているのは左右どちらか』、『お社の動物でなかったものは何ですか』という難問もあるので気が抜けない!参加者たちは階段を数えたり、大木の名前をメモしたりと夢中に。そして子安神社に寄って小学校へ戻った。
 茂原市在住の家族4人で参加した母親は、「途中道に迷って戻ったりして、ちょっと大変でした。でも小3と小1の娘たちも5㎞、最後まで諦めなかったのは良かったかな」と明るく話した。ウオークラリー後は、校庭でアトラクションを開催。
 けん玉やフラフープなど昔の遊びや、草むらに自然以外の物が何個落ちているか当てるネイチャーゲーム、隣の人の棒を合図と共に掴むキャッチングスティックなど10種類。すべてを体験しスタンプをもらうと 駄菓子の景品をゲットできるとあって、子ども達はウオークラリーでの疲れを微塵も感じさせないほど元気いっぱい。子ども太鼓やよさこい演舞を観た後、参加者は表彰式や抽選会でも景品を受け取り大満足。千葉市から訪れた親子も多く、自然の空気を満喫できた一日になったのではないだろうか。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る