ボラエモン手帳で愛の手を

 昨年4月より、茂原市の市民団体『そくと仲間たち』はボランティア活動をした人を対象に団体独自のボラポイントを付与し、獲得ポイントに応じた金額の品物を、希望する場所に寄付する取り組みを行っている。
 同団体相談役の工藤矗(そく)さんは、「今の社会ではたとえゴミが落ちていても、自分のでなければ拾わない人が多いです。特に小中高校生たちに参加する意義を疑問に思わず、ボランティア活動をしてもらえれば」と話す。
 ポイントは団体が発行しているボラエモン手帳に時間や場所などを記入し、活動時間30分で1ボラポイントをゲット。1ボラポイントは5円に換算される。現在までに絵本を学校に、そして自立支援事業者に音響機材を寄付した実績がある。「稀に活動内容を理解されない時もあるので、直接話をして活動を広めている途中です。運営委員は現在12人。みんなボランティア活動をしている人を応援したいだけなので、結果はこれからついてくるのでは」と続けた。
 原則は茂原市内在住、在勤者が対象だが、企業や学校など複数名で参加し同一の手帳を使用しポイントの合算も可能。また、ボランティア参加者が寄付したい団体や品物の希望を伝えられるだけでなく、寄付される側からの要望も受け入れている。
 団体会長の花﨑洋さんは、「これからボランティアがさらに脚光を浴びる時代です。茂原市とも連携をとれるような活動をしていけたら」と展望を語った。参加方法や詳細については問合せを。

問合せ 工藤さん
TEL 090-2902-9519

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る