すべての仕事は宿命だった

 10月28日(日)、茂原市と茂原市ハートフルフェスタ実行委員会の共催で『第11回茂原市ハートフルフェスタ(茂原市男女共同参画大会)』が行われ、元千葉県知事の堂本暁子さん(86)を招いて講演会が実施された。堂本さんはTBS記者・ディレクターとして報道番組の制作に携わり、その後、参議院議員として男女共同参画社会基本法、DV防止法、児童売春防止法など様々な立法、審議に携わった。 そして2001年から8年間千葉県知事を務めた堂本さんは、主にNPO政策や障害者政策までと幅広い内容を県民主体で県政運営を軸に活動した。「私はアメリカで生まれたのですが、第二次世界大戦の前に日本に帰国してから一度、別荘のあった長野県に疎開していました。しかし朝晩の寒さに耐えきれず、母方の祖父が住む茂原市に身を寄せた時期があります」という。同講演会では、『男女共同参画と我が人生』と題して、堂本さん本人の生い立ちや政界時代、そして茂原市の歴史を振り返った。
 茂原市では明治35年に茂原清和女学校が誕生、全国的にも早期的に女子教育へ力を入れた土地である。現在、世界男女平等ランキングで日本は114位。原因は政治家や企業のトップに女性が少なく、そして総理大臣になった女性がいないことが挙げられる。「義務教育を含めた学生時に男女格差を感じることはほぼありません。それが社会に出ると一気に格差が生まれます。社会的な意思決定の立場にいくことは困難だと、多くの女性が未だに感じているでしょう」と、堂本さんは提言する。
 堂本さんは記者時代に唯一、男女の格差を感じた経験があった。「私は南極大陸へ取材クルーとして同行することを希望したのですが、船は男しかいないから乗船させられないと拒否されました。5年前に個人的なクルージングで行って念願叶いましたが、大好きなペンギンに会えず、南極大陸の取材の女性1号にもなれず当時は残念でした」と、振り返った。今でこそ女性の社会進出自体は進んできているが、それも堂本さんたちのような女性の苦労や悔しさがあってこそ成り立った結果なのだろう。
 また、「現代の人間は急ぎ過ぎているように感じます。目先の利益だけを追求するか、大きな自然の摂理の中でありのまま生きることを認めるか。人間の真の豊かさを見極める時期にきているのではないでしょうか。」と警鐘を鳴らす。かつてはなかった冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなどが当たり前の存在になってしまうと、いざ災害が起こった時には適応能力が極端に落ちる。加えて、人間が利便性を求めて電力を使用するほど、地球温暖化に拍車がかかる一因にもなるだろう。 「町を住み良くするためには、時代を先取りする必要があります。そして障がい者や子どもなど様々な視点から物事を捉えなければなりません。しかしみなさん、決して時代に振り回されず、地に足をつけて生きてください」と、堂本さんは聴講した約80名に向けて、強いメッセージを送った。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る