~健康に感謝する~

 健康をお金に換算するといくらになるでしょうか?
 先日、数年前に交通事故で数か月の入院を余儀なくされた方が、「保険屋さんに『保険料はいくら払ったの?』って聞いたら、五百万円だって!びっくりしたわ。それまで歩けて当たり前、食べられて当たり前と思っていたけれど、健康をお金に換算するととんでもない金額になるということよね」とおっしゃっていました。 身体の健康はもちろんのこと、精神的に病んでしまっても同じこと。頭が使え、心がスッキリして、健康で働けることがどんなにすごいことなのか…。心身の健康をなくした人でなければわからないことかもしれませんね。
 それは子ども達も同じこと。毎日元気で学校に通えて、学び、遊び、美味しいものが食べられて、家族一緒にいられることを、私たち親はついつい当たり前のように思ってしまいます。子どもが健康だということに喜びも感謝もしません。歩けて、話せて、見えて、聞こえて、息ができる。当たり前だと思っていたことは、当たり前ではないのですね。そう考えたら、何気ない日常がとんでもなく価値のあるものに思えてきます。
 まずは、私たち大人が自分の体を労わり、健康に感謝して笑顔でいましょう。そんな大人の姿を子どもは必ず見ています。
 今日も一日、皆様が健康に過ごせますよう、お祈りしています。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園園長。保育士。エッセイスト。
連絡先 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…
  3. 市原市ラグビーフットボール協会  市原市ラグビーフットボール協会は、昭和41年に設立、今年で54年目を迎えます。当協会の歴史は、日本経済…
  4.  毎月第4月曜日に五井公民館でふれあい子育てサロン『子育て会1・2・3(ワンツースリー)』が開催されている。未就学前の乳幼児と親たちを対象…

ピックアップ記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…

イベント情報まとめ

スタッフブログ

ページ上部へ戻る