こでまりの夢 ~子どもの好きな場所~

~子どもの好きな場所~

 私が小学生の頃、昼休みの時間には必ずと言っていいほど、校舎の裏で遊んでいました。何故だか、そこが一番好きな場所だったんですね。ちょっと休む場所だったり、友達と遊んだり、隠れ家的な場所でした。男の子なら『秘密基地』とでも言うのでしょう。子どもの頃の私は目立たない子でしたので、日の当たる『表』ではなく、ちょっと目立たない『裏』が好きだったのかもしれません。
以前、ある子育て支援をしている方が、「子どもの居場所を作ってやりたい」と、会議で熱弁していました。私はフッと、子どもの頃のことを思い出していました。私はきれいで広い表の場所ではなく、薄暗くて狭い校庭の裏が好きだったな、と…。そこは大人が用意した場所ではなかったけれど、落ち着く場所だったんですね。そうなんです。大人が考える子どもの居場所と、子どもが好きな場所は違うのです。そういえば、我が子たちも、押入れの中や公園の植え込みの裏でよく遊んでいました。そんな自分だけの場所は、子どもの好きな場所だったのでしょう。ですから、大人思考できれいで広くて明るい場所をわざわざ用意してあげなくても、自分の居場所は自分で見つけるのではないでしょうか?
子どもが見つけた好きな場所を、狭い暗いと言わずに、「すごい場所を見つけたね!」と一緒に楽しんでみたら、面白いものが見えてくるかもしれませんよ。
来年も笑顔の絶えない一年でありますように。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園園長。保育士。エッセイスト。
連絡先 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市緑区おゆみ野公民館を拠点に活動している『緑区吹奏楽団(MSB)』。愛称は『みど吹(すい)』、設立10周年となる来年2月には、第9回定…
  2.  料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」にある『市原市オッサくんのキッチン』が注目を集めている。市民に親しみをもって利用されるようにと…
  3.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  4.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  5.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  6.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  7. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  8. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  9.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

ピックアップ記事

  1.  千葉市緑区おゆみ野公民館を拠点に活動している『緑区吹奏楽団(MSB)』。愛称は『みど吹(すい)』、設立10周年となる来年2月には、第9回定…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る