こでまりの夢 ~子どもの好きな場所~

~子どもの好きな場所~

 私が小学生の頃、昼休みの時間には必ずと言っていいほど、校舎の裏で遊んでいました。何故だか、そこが一番好きな場所だったんですね。ちょっと休む場所だったり、友達と遊んだり、隠れ家的な場所でした。男の子なら『秘密基地』とでも言うのでしょう。子どもの頃の私は目立たない子でしたので、日の当たる『表』ではなく、ちょっと目立たない『裏』が好きだったのかもしれません。
以前、ある子育て支援をしている方が、「子どもの居場所を作ってやりたい」と、会議で熱弁していました。私はフッと、子どもの頃のことを思い出していました。私はきれいで広い表の場所ではなく、薄暗くて狭い校庭の裏が好きだったな、と…。そこは大人が用意した場所ではなかったけれど、落ち着く場所だったんですね。そうなんです。大人が考える子どもの居場所と、子どもが好きな場所は違うのです。そういえば、我が子たちも、押入れの中や公園の植え込みの裏でよく遊んでいました。そんな自分だけの場所は、子どもの好きな場所だったのでしょう。ですから、大人思考できれいで広くて明るい場所をわざわざ用意してあげなくても、自分の居場所は自分で見つけるのではないでしょうか?
子どもが見つけた好きな場所を、狭い暗いと言わずに、「すごい場所を見つけたね!」と一緒に楽しんでみたら、面白いものが見えてくるかもしれませんよ。
来年も笑顔の絶えない一年でありますように。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園園長。保育士。エッセイスト。
連絡先 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る