お茶の道、一味くわえた嗜みを

 茂原市在住の木下周一さん(66)は今年10月、日本グラフィックサービス工業会主催で朝日新聞などが後援する第21回日本自費出版文化賞で、著書(茶名、木下宗周名義)の『茶の湯文様ものがたり五十帖』が研究評論部門賞に選ばれた。
 「茶道を始めたのは30年ほど前のことです。都内で営んでいたデザイン事務所の近くのカルチャーセンターで、なんとなく気になっていたお茶を習い始めました。その後は先生のお宅へ稽古に通い、男性だけの会に入るなどのめり込みました」と、話す。きものや陶芸が好きなど茶道を始めるきっかけはそれぞれ。木下さんも習っているお茶の中に、自分らしさを見つけたかった。
 「香合や茶器、茶釜などに入っている文様に興味が湧き、古典文献を漁るように読み始めたのが20年ほど前。以来、280件の資料を参照して制作したのが同著になります」と、まさに研究論文だ。
 四季折々、様々な花や生き物、景色が描かれる茶道具。グラフィックデザイナーとして著書の編集デザインにも力を入れた。著書の中では文様のひとつずつに焦点を当て、古典文学や茶書を引用しながら意味や由来を丁寧にまとめている。「たとえばトンボの文様に関して言えば、古典を読み解くと日本文化の中でトンボがどう表現されていたか、どんなお茶人が好んでいたかなど分かるんです。調べるほどに奥深く、他に類を見ない書だと思います」
 お茶の楽しみ方は色々だ。だが、掛け軸や花々を愛でるだけでなく、さらに文様を通して茶道具の先に見える過去の景色や文化を語り合えたら、なんと粋なことだろう。購入についてなど詳細は問合せを。

問合せ 木下さん
TEL 0475・22・4168

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る