お茶の道、一味くわえた嗜みを

 茂原市在住の木下周一さん(66)は今年10月、日本グラフィックサービス工業会主催で朝日新聞などが後援する第21回日本自費出版文化賞で、著書(茶名、木下宗周名義)の『茶の湯文様ものがたり五十帖』が研究評論部門賞に選ばれた。
 「茶道を始めたのは30年ほど前のことです。都内で営んでいたデザイン事務所の近くのカルチャーセンターで、なんとなく気になっていたお茶を習い始めました。その後は先生のお宅へ稽古に通い、男性だけの会に入るなどのめり込みました」と、話す。きものや陶芸が好きなど茶道を始めるきっかけはそれぞれ。木下さんも習っているお茶の中に、自分らしさを見つけたかった。
 「香合や茶器、茶釜などに入っている文様に興味が湧き、古典文献を漁るように読み始めたのが20年ほど前。以来、280件の資料を参照して制作したのが同著になります」と、まさに研究論文だ。
 四季折々、様々な花や生き物、景色が描かれる茶道具。グラフィックデザイナーとして著書の編集デザインにも力を入れた。著書の中では文様のひとつずつに焦点を当て、古典文学や茶書を引用しながら意味や由来を丁寧にまとめている。「たとえばトンボの文様に関して言えば、古典を読み解くと日本文化の中でトンボがどう表現されていたか、どんなお茶人が好んでいたかなど分かるんです。調べるほどに奥深く、他に類を見ない書だと思います」
 お茶の楽しみ方は色々だ。だが、掛け軸や花々を愛でるだけでなく、さらに文様を通して茶道具の先に見える過去の景色や文化を語り合えたら、なんと粋なことだろう。購入についてなど詳細は問合せを。

問合せ 木下さん
TEL 0475・22・4168

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る