片付けで心も身の回りもスッキリと! ちえの和「ほほえみ」

 ちえの和「ほほえみ」は、毎週木曜日の10時から14時、茂原駅近くのワンデイアカデミーにて生活の中の様々なテーマを話し、学ぶ場を提供している。代表の村瀬千秋さんが知人の菊地元美さんと堰代由紀さんにそれぞれ声をかけ、今年3月から活動を開始した。

 村瀬さんは、茂原市緑ケ丘在住。5年程前、実母との同居をきっかけに整理収納コンサルタントの資格を取得した。さらに、整理収納教育士、防災備蓄収納プランナー、発達障害住環境サポーターなど、次々と資格を得たことから、「誰もが自分らしく活き活きと暮らす」ために自ら得た知識で社会の役に立ちたいとの思いが芽生えた。千葉市で法務事務所を営む菊地さんは、以前損害保険のコールセンターに務めていた時、お年寄りから保険とは関係のない相談の電話が寄せられることがあり、世の中に生活の中で困ったことを相談する窓口が少ないことを痛感した。その後行政書士の資格を取り、「争うことを撲滅したい」との思いで、相続を専門に業務を行っている。堰代さんは、小売店勤務の傍ら、SNSを駆使して広報を担当している。
 毎週取り上げるテーマは、村瀬さんが専門とする「整理収納」をベースに多岐にわたる。『100歳まで楽しむ「学び」のススメ』『気持ちや思考に効く整理収納』といった具合だ。子ども向けには、『おかたづけキッズパズル』やカルタ、トランプといった教材、家庭で災害に備えるための『防災備蓄収納』の紙芝居もある。村瀬さんは、身の回りにあふれる「モノの整理」と併せて、「気持ちの整理」の重要さを強調する。例えば、『これからの人生をデザインするファインディングノート』のテーマでは、現在の自分の考え方のクセや時間の使い方、これからしたい事、欲しい物などを教材に書いて整理し、10年後・20年後の自分を思い描く作業をして、これからの目標設定をする。

 毎月第3木曜日は、菊地さんによる「お金の話」。『人生100年時代の「お金の話」』『相続から考える「お金の話」』といったテーマで、専門家の立場から菊地さんがわかりやすく講義する。「相続と言っても借金の場合もあります。ひとり親家庭の経済のことなども、学校では教えていない、しかし避けては通れない身近な問題としてみなさんと学べたらと思っています」と、村瀬さん。
 歩み始めたばかりのちえの和「ほほえみ」。「情報と人の輪を作り、多世代が交流できる寄合所にしていきたい。今後は外部から講師を招いて、さらに専門的な知識を深めたり、イベントでのワークショップや個人相談も行いたい」と、村瀬さんは抱負を語る。取り上げるテーマについてはリクエストも可能で、参加費は各日1家族1000円。興味のある方は問合せを。


問合せ:村瀬さん
TEL.070・4562・7445
https://chienowa-hoho
emi-1.jimdosite.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る