仕事が休みの日の午前中は、太陽が昇るか昇らないかくらいの薄暗い、まだ肌寒い時間から庭作りを始めます。前日から明日はあれをやろう、これもやっておかなくてはと、色々考えていると朝、目覚まし時計が鳴る前に自然と目が覚めてしまうのです。庭造りは真っ白なキャンバスに自分の思い通りに絵を描くのと同じような気がしています。
 午後の少し涼しくなる夕方からは今度は畑に行って野菜作り。疲れが多少残っていたとしても野菜作りを怠ける訳にはいきません。コロナ騒動の中、庭と畑は虫や植物以外誰とも接触する事も無く、全てを忘れられる理想の空間です。5月の初めに植えた野菜やハーブ達もすくすくと成長し、去年の台風で全滅しかかった蜜蜂たちも今年は更にもう一群増え、3つの巣箱になりました。試練の後には必ず良い事がやって来るものですね。
 今回は外出自粛というストレス解消に、ちょっぴり贅沢なホタテとスモークサーモン、ハーブのディルを組合せたカルパッチョを作ってみました。

★シーフードとディルのカルパッチョ
●材料(2〜3人) A:ドレッシング(オリーブオイル大さじ3、バルサミコ酢小さじ2、レモン果汁小さじ1、塩胡椒適量、黒砂糖小さじ2分の1)  刺身用ホタテ10個程、スモークサーモン短冊切り3〜4枚、飾り付け用レモンのスライス2枚(以上3品を各8等分にカット)、ディルの葉 適量、ミニトマト6〜7個をスライス
※このレシピは数量にそれ程こだわる必要はありません。

●作り方
1.ボウルにAの材料を入れ良くかき混ぜる。
2 .カットしたスモークサーモン、ホタテ、トマトをほどよく混ぜる。
3.お皿に2を盛り付け、スライス・カットしたレモンをトッピングし、ディルの葉を上にまぶして、Aのドレッシングを全体にかけて出来上がり。

長谷川良二
市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る