ふるさとビジター館 いちはら自然探訪 ツバキキンカクチャワンタケ

 3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄しべを合着させて、脇から盗蜜できない仕組みになっています。そのため花は丸ごと落ちて土に還っていきますが、そこでツバキキンカクチャワンタケ(椿菌核茶碗茸)の登場です。
 このキノコは花全体を分解し、晩秋に固い菌核(菌糸の塊)を作ります。そして翌年の3月になると落葉をかき分けて菌核から地上に柄が伸び、先端の茶碗から胞子を放出します。そこでまた椿の落ちた花に発生するというシナリオです。
 この茶碗をそっと掘ってみましょう。つながった球根のようなものが菌核で、椿の朽ち果てた組織が入っています。このキノコは落花する椿のために、菌核という形で地面の中でじっと出番を待っているのです。そもそも椿の花は枯葉などよりもかなりの栄養源、それを利用するのも実に賢い!
 公園の椿の下にも出ているのもよく見かけますので、ぜひ探してみてください。茶碗に触れると胞子が飛ぶのが見えますヨ。この世界の生き物たちの不思議な繋がりがきっと感じ取れることでしょう。
(ナチュラリストネット/加藤恵美子)

加藤恵美子ブログ 千葉県の自然見~つけた♪
https://emikocho.blog.fc2.com/

ナチュラリストネット
自然を愛する仲間の集まりです。市原の豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。TEL.080-5183-9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る