元気になって! 園児におだんごプレゼント

 市原市君塚にある『和み処 白金茶寮』では、今年3月から、市内の幼稚園などにみたらし団子を無償で提供する『子供の未来応援プロジェクト』を行っている。店長の西郷光貴さんは、「コロナ禍で子どもたちの自殺が過去最高になったというニュースを聞き、何かできることはないかと考えました。小さなことでも子どもたちが元気に笑顔になってくれればと、当店が今年3月で3周年のため感謝もこめて、3000本のだんごプレゼントを企画しました」と話す。

3月、あすなろ幼稚園で

白金茶寮はだんご専門店。市原産こしひかり100%、蒸して搗く昔ながらの製法はふんわり柔らかく、添加物もいっさいなし。タレやあんも国産の材料を使い、自家製造するこだわりで、離乳食期の赤ちゃんからお年寄りまで食べられる。『やちばあちゃんの秘伝のだんご』として、売切れも多い人気店だ。今回提供しているみたらし団子は、県産醤油に国産の鰹節、吉野本葛を使ったタレがたっぷりかかり、千葉県主催のコンテスト『食のちばの逸品を発掘2020』で審査員特別賞も受賞している。
 5月末現在、すでに5軒950本のプレゼントを実施済み。どこの子どもたちにも「美味しい」「嬉しい」と大好評で、今後もプレゼントを希望する幼稚園、保育園などを募集している。詳細は同店へ問合せを。
問合せ:和み処 白金茶寮
Tel.0436・26・6499

 

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  私が生まれ育ったのは、東北地方のある小さな港町。浜辺でよく綺麗な形をした貝殻や、青や緑色をした石のようなガラス玉を見つけて遊んでいた記憶が…
  2.  雑木林を散策すると、頭上の枝先に筆先のようなものが観られることがある。長さ2~3センチ、白っぽい軟毛に覆われている。3月に花開くコブシの花…
  3.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  4. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  5. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  6.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  7.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  8.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る