ふるさとビジター館 自然探訪 ~千葉市の鳥・コアジサシ~

 夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをかぶったように黒い。翼と尾羽がツバメのように細くとがっており飛翔する様は、カッコイイ。海岸や河口などの水辺でキリッ、キリッと鳴きながら、狙いをつけて水中にダイビングし小魚をとらえる。その様子から鯵刺(あじさし)の名がつけられたと言われる。
 川原、砂浜、埋立地などに集団で繁殖地(コロニー)を形成し、地面にくぼみを作る簡単な巣に2・3個の卵を産む。かつて千葉県では、東京湾沿岸や九十九里浜、利根川河口で頻繁を見ることができ、内陸部の市原市・山倉ダムや養老川中流域へも飛来記録がある。
 しかし、繁殖に必要な場所の減少、車や人間の繁殖地への侵入等により急激に数を減らし、国際希少野生動植物種に指定され、環境省のレッドリストでも絶滅危惧Ⅱ類(VU)に位置付けられている。千葉市では平成5年に「コアジサシ」を市の鳥に制定、検見川の浜に繁殖地を確保している。東京都大田区では森ケ崎水再生センター屋上に砂礫を敷いて繁殖地を確保、カラスなどへの捕食対策と合わせて大きな成果をあげていると聞く。
 コアジサシだけでなく絶滅の危機に瀕している生物の多くの存続は人間の手に委ねられている。SDGsが叫ばれている昨今、人と生き物の共生・共存をみんなで考えていければと思う。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

 

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る