ふるさとビジター館 自然探訪 ~千葉市の鳥・コアジサシ~

 夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをかぶったように黒い。翼と尾羽がツバメのように細くとがっており飛翔する様は、カッコイイ。海岸や河口などの水辺でキリッ、キリッと鳴きながら、狙いをつけて水中にダイビングし小魚をとらえる。その様子から鯵刺(あじさし)の名がつけられたと言われる。
 川原、砂浜、埋立地などに集団で繁殖地(コロニー)を形成し、地面にくぼみを作る簡単な巣に2・3個の卵を産む。かつて千葉県では、東京湾沿岸や九十九里浜、利根川河口で頻繁を見ることができ、内陸部の市原市・山倉ダムや養老川中流域へも飛来記録がある。
 しかし、繁殖に必要な場所の減少、車や人間の繁殖地への侵入等により急激に数を減らし、国際希少野生動植物種に指定され、環境省のレッドリストでも絶滅危惧Ⅱ類(VU)に位置付けられている。千葉市では平成5年に「コアジサシ」を市の鳥に制定、検見川の浜に繁殖地を確保している。東京都大田区では森ケ崎水再生センター屋上に砂礫を敷いて繁殖地を確保、カラスなどへの捕食対策と合わせて大きな成果をあげていると聞く。
 コアジサシだけでなく絶滅の危機に瀕している生物の多くの存続は人間の手に委ねられている。SDGsが叫ばれている昨今、人と生き物の共生・共存をみんなで考えていければと思う。
(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

 

ナチュラリストネット/自然を愛する仲間の集まりです。豊かな自然環境をいつまでも永く残したいと活動しています。 Tel.080・5183・9684(野坂)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る