おとなの張子教室

郷土玩具の代表、「張子/はりこ」。
約千年の歴史を持つこの紙でできた縁起物について、もっと深く知り、体験してみませんか?グローバル化の進む世界の中で、日本人の「縁起」という考え方や技術について学びましょう。
全国60以上の伝統的工芸品の産地調査を行った、異色の経歴を持つ張子職人がトークと体験でおとなの学習へいざないます!

 

第一部 トーク「張子から学ぶ『縁起』について」 約45分
第二部 ダルマ張子の絵付け体験 約60分

 

※張子の絵付け体験は、完成した無地の張子にダルマの絵付けをして張子を完成させる体験となります。(描くのはダルマでなくとも問題ありません)
※ダルマの大きさは高さ約12センチ、横幅約10センチ、奥行約9センチ
※体験材料は全て当方にてご用意いたします。
※体験に使用する塗料は洗濯しても落ちない塗料ですので、汚れても良い服装で参加されるか、エプロン等をご持参願います。

 

定 員:午前の部、午後の部ともに各10名ずつ。
講 師:房総張子 大谷 未起生(おおたにみきお)氏

日 程
2023年11月23日
時 間
10:30~12:15 14:30~16:15
場 所
北土舎 いすみ市大原8750

地図

イベント名

おとなの張子教室

主催者名

北土舎(ほくとしゃ)

参加費

3000円/名

関連サイトURL

https://oharaisumi.com/hokutosha/###

駐車場

有り

お問合わせ先

電話番号

07013903053

メールアドレス

murataku5963@gmail.com

※イベントの開催情報などは変更になる場合がありますので、事前にご確認の上お出掛けください。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る