染めから楽しむ布花 自由に色・花にチャレンジ

白い布を自分の好きな色に染め、様々な花や実などを作る。それが『創作布花』。市原市大厩に住む山田武子さんは、「近所に住む先生が教室を開いたから」と布花教室に通い始めたのが31年前。28年ほど前に講師の資格を取り、今は自宅で『布花工房ミモザ』を主宰し教室で教えるほか、山武郡大網白里町の『Art Editor space 作家たちの店』で『布花教室』(第1木曜・10時半~)を開いている。
『作家たちの店』にうかがった日はコサージュを制作中。白いオーガンジー風の布を布花用の染料で染めていくのだが、このときの色の混ぜ方、ハケの使い方、塗り重ね具合で様々な風合いが生まれる。乾いたらコテで形をつけていくが、ここでの力の入れ加減でまた表情が変わってくるという。生徒さんたちは、「ここをもう少し濃くしたらおもしろいかも」、「色を重ねてみたらどうでしょう」とワイワイ楽しそう。
午後からはひとつだけコサージュを完成させ、染めたそのほかの布は家に持ち帰り、各自家で制作するという。だが、そのひとつのコサージュを完成させるのも、見た目より大変そう。同じ大きさの布のはずなのだが、出来上がりはひとつではない。「そこがおもしろいところです。性格がでますね。同じ布、型紙、染料を使っても、作る人によって出来上がりが違ってきます」と山田さん。
そもそも山田さんが布花に惹かれたのも、布の可能性のおもしろさだったという。「染めのときの手の動き、ハケの運びで色が違ってきますし、布の素材でも違います。創作布花は本物そっくりに作るものではありません。独自な色、花を作れる。本物にないものをいくらでも作り出せて、自由に遊べるのが楽しいところだと思います」。また、染め、布の素材のほか、出来上がりを大きく左右するのがコテの使い方。「力の入れ方で表情がまるで変わってしまいます。長年やってきても一番難しいのがコテですね」と笑う。
完成したコサージュは大きさも花の開き具合も様々だったが、どれもかわいらしく仕上がった。「布花って素材自体がやさしいし、劣化しないところが気に入っています」と生徒さん。3月には、『作家たちの家』で籐講師の斉藤イツ子さんとの2人展を開催予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  3月20日(水)市原市勤労会館(youホール)で行われたのは、市原市立中央図書館主催の『平成30年度 文学講座 特別講演会』。直木賞作…
  2.  2000年代に入ってから、日本では水害の頻度が増えている。毎年どこかで豪雨による被害があり、中には広域の集中豪雨で河川の氾濫・決壊、山…
  3.  長生郡にある睦沢町立歴史民俗資料館に勤務している山口文(あや)さんは、今年1月に『冨士桜~江戸彫物研究会』を立ち上げた。その会の目的を…
  4. 毎年冬から春先にかけ、セイジやタイムなどハーブを使って手作りソーセージを作り置きします。数本ずつ分けて真空パックをし、冷凍庫に保存すれば次の…
  5.  市原市在住の小杉文晴さんは、5月14日(火)から19日(日)まで千葉市稲毛区にある、こみなと稲毛ギャラリーで『小杉文晴・船旅葉書絵展』を…
  6. マユハキタケ   春に朽ちたタブノキの切り株を覗くと、変な形のものが出ていることがあります。これを見てまず「ああ、キノコだな!」と思う人は…
  7. 茂原市立豊田小学校で練習を続けていた『豊田キッドシャークススポーツ少年団卓球チーム』が昨年、男女共に全国大会に出場した。千葉県予選を勝ち抜き…
  8.  今年1月にアメリカのテキサス州・ダラスで開催されたチアダンス全米大会『NDA All─Star National Championsh…
  9. 市原市ソフトボール協会  平成最後の年、30年度は当協会において非常に有意義で大事な1年でありました。  春、5月ゼットエーボールパークを…
  10. ※各情報は変更の場合もあります。お出かけ前にご確認ください。 ●第31回キッズフェスタin市原 4/28(日) 9時20分~13時 市…

ピックアップ記事

  1.  3月20日(水)市原市勤労会館(youホール)で行われたのは、市原市立中央図書館主催の『平成30年度 文学講座 特別講演会』。直木賞作…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る