染めから楽しむ布花 自由に色・花にチャレンジ

白い布を自分の好きな色に染め、様々な花や実などを作る。それが『創作布花』。市原市大厩に住む山田武子さんは、「近所に住む先生が教室を開いたから」と布花教室に通い始めたのが31年前。28年ほど前に講師の資格を取り、今は自宅で『布花工房ミモザ』を主宰し教室で教えるほか、山武郡大網白里町の『Art Editor space 作家たちの店』で『布花教室』(第1木曜・10時半~)を開いている。
『作家たちの店』にうかがった日はコサージュを制作中。白いオーガンジー風の布を布花用の染料で染めていくのだが、このときの色の混ぜ方、ハケの使い方、塗り重ね具合で様々な風合いが生まれる。乾いたらコテで形をつけていくが、ここでの力の入れ加減でまた表情が変わってくるという。生徒さんたちは、「ここをもう少し濃くしたらおもしろいかも」、「色を重ねてみたらどうでしょう」とワイワイ楽しそう。
午後からはひとつだけコサージュを完成させ、染めたそのほかの布は家に持ち帰り、各自家で制作するという。だが、そのひとつのコサージュを完成させるのも、見た目より大変そう。同じ大きさの布のはずなのだが、出来上がりはひとつではない。「そこがおもしろいところです。性格がでますね。同じ布、型紙、染料を使っても、作る人によって出来上がりが違ってきます」と山田さん。
そもそも山田さんが布花に惹かれたのも、布の可能性のおもしろさだったという。「染めのときの手の動き、ハケの運びで色が違ってきますし、布の素材でも違います。創作布花は本物そっくりに作るものではありません。独自な色、花を作れる。本物にないものをいくらでも作り出せて、自由に遊べるのが楽しいところだと思います」。また、染め、布の素材のほか、出来上がりを大きく左右するのがコテの使い方。「力の入れ方で表情がまるで変わってしまいます。長年やってきても一番難しいのがコテですね」と笑う。
完成したコサージュは大きさも花の開き具合も様々だったが、どれもかわいらしく仕上がった。「布花って素材自体がやさしいし、劣化しないところが気に入っています」と生徒さん。3月には、『作家たちの家』で籐講師の斉藤イツ子さんとの2人展を開催予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る