染めから楽しむ布花 自由に色・花にチャレンジ

白い布を自分の好きな色に染め、様々な花や実などを作る。それが『創作布花』。市原市大厩に住む山田武子さんは、「近所に住む先生が教室を開いたから」と布花教室に通い始めたのが31年前。28年ほど前に講師の資格を取り、今は自宅で『布花工房ミモザ』を主宰し教室で教えるほか、山武郡大網白里町の『Art Editor space 作家たちの店』で『布花教室』(第1木曜・10時半~)を開いている。
『作家たちの店』にうかがった日はコサージュを制作中。白いオーガンジー風の布を布花用の染料で染めていくのだが、このときの色の混ぜ方、ハケの使い方、塗り重ね具合で様々な風合いが生まれる。乾いたらコテで形をつけていくが、ここでの力の入れ加減でまた表情が変わってくるという。生徒さんたちは、「ここをもう少し濃くしたらおもしろいかも」、「色を重ねてみたらどうでしょう」とワイワイ楽しそう。
午後からはひとつだけコサージュを完成させ、染めたそのほかの布は家に持ち帰り、各自家で制作するという。だが、そのひとつのコサージュを完成させるのも、見た目より大変そう。同じ大きさの布のはずなのだが、出来上がりはひとつではない。「そこがおもしろいところです。性格がでますね。同じ布、型紙、染料を使っても、作る人によって出来上がりが違ってきます」と山田さん。
そもそも山田さんが布花に惹かれたのも、布の可能性のおもしろさだったという。「染めのときの手の動き、ハケの運びで色が違ってきますし、布の素材でも違います。創作布花は本物そっくりに作るものではありません。独自な色、花を作れる。本物にないものをいくらでも作り出せて、自由に遊べるのが楽しいところだと思います」。また、染め、布の素材のほか、出来上がりを大きく左右するのがコテの使い方。「力の入れ方で表情がまるで変わってしまいます。長年やってきても一番難しいのがコテですね」と笑う。
完成したコサージュは大きさも花の開き具合も様々だったが、どれもかわいらしく仕上がった。「布花って素材自体がやさしいし、劣化しないところが気に入っています」と生徒さん。3月には、『作家たちの家』で籐講師の斉藤イツ子さんとの2人展を開催予定。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『真冬の温泉ヨガ』『春を見つけるヨガ散歩』『寺ヨガ』『ほたるナイトヨガ』『渓流せせらぎヨガ』……今後、興味津々のプログラムが予定されている…
  2. 昨年9月、10月の台風は、市原にも大きな被害を出し、ニュースとして連日報道された。今月19日には、気象庁がこの2つの台風に対し、災害における…
  3.  40年余り自宅の一室で開いている洋裁教室で、小物づくりと洋裁を仲間とともに楽しんでいます。私がつるし雛に出会ったのは、平成14年2月、伊…
  4.  冬の代表的スポーツと言えばスキー。今年度の市民スキー教室が1/24(金)夜~1/26(日)、長野県木島平で小学生から70歳代までの市民が…
  5. 1月28日(火)、市原警察署にて、令和元年署長感謝状の贈呈式が行われました。シティライフも、昨年から本紙に掲載する防犯特集記事が支援・協力に…
  6.  五井駅西口から歩いて十分ほどの所にこの神社はある。社伝によると、大宮神社の社名は広大な境内に由来し、鎮座は景行天皇の御代、日本武尊が御東…
  7. 去年の秋の凄まじい台風の影響で、巣箱が全滅に近い被害を受け、いったんは諦めかけた養蜂もどうやら長く寒い冬を生き抜く事ができそうです。桜の花が…
  8.  2018年3月、市原市君塚にオープンした『和み処 白金茶寮(しろがねさりょう)』。『やちばあちゃん秘伝のだんご』をテーマに地元の素材を生…
  9. いすみ市下布施の県道沿いの田んぼでは、冬の間、コハクチョウの群れが餌をついばんでいる。大多喜町在住の土屋治雄さんは、その姿を写真に収め、観察…
  10. 「背筋を伸ばして」と声が掛かり、「おはようございます」と全員で手をつき丁寧に挨拶する。床の間に飾られた掛け軸や花、花入れを愛で、季節や先人た…

ピックアップ記事

  1. 『真冬の温泉ヨガ』『春を見つけるヨガ散歩』『寺ヨガ』『ほたるナイトヨガ』『渓流せせらぎヨガ』……今後、興味津々のプログラムが予定されている…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る