野菜の苗を植えてみよう

野菜の苗を植えてみよう

 三和コミュニティセンター主催の『野菜作り教室』が今年5月から来年3月まで、磯ケ谷の畑を借りて12回シリーズで行われている。第2回目の5月28日はミニトマト、トマト、ピーマン、ナス、トウガラシの苗を割り当てられた約36㎡の畑に植えた。地元農家の伊藤喜規さんから植え付けの位置、肥料の説明、手順について指導を受けた後、汗ばむ陽気の中、12名の参加者たちは互いに協力しながらクワで土壌を耕すところからスタート。土壌はコガネムシの幼虫などに効くダイアジノンで予め消毒済。農薬を使うのはこの1回だけ。「家だと無農薬なので穴だらけの野菜になる。ここでは最低限の農薬で安心、満足のいく野菜ができる」とリピーター参加者の女性。
 次に化成肥料と油粕を撒いて畝を作る。化成肥料は成分表記を見て野菜に合ったものを選ぶ。ナス、ピーマン、トウガラシにはチッソ、リン酸、カリウムの分量がそれぞれ16%ずつのもの、トマトには同様に5、15、20%ずつのものを使用。化成肥料を使えば速く大きく育ち、油粕、菜種粕、大豆粕など穀物由来の肥料を用いると食味が増すという。そして雑草防除や地温調節、保湿のためにマルチフィルムというビニールシートを土の表面にピンと張り、穴を開け、水やりをしてから苗を植える。植えた後は土で穴をしっかりふさぐと中に空気が入りにくくなり、雑草が抑えられる。他にもカボチャ、共同作業でサツマイモとスイカの植え付けを同様に行った。サツマイモは土の中で蔓が弓なりになるように植えると実がたくさんつくそうだ。
 7月の収穫まで、各自で草取りや支柱立て、脇芽つみ、追肥など管理作業を行う。水やりは乾燥、高温が特に続かなければ必要ないが、やるなら毎日午後に。「太陽の照り、土の力と雨。自然の恵みが一番」と伊藤さん。「家庭でもやっているが、自己流ではなくちゃんと教わりたくて」、「初めての経験。出来上がりが楽しみ」など様々な声が参加者から聞かれた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  2.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  3.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  4.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  5.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  6.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  7.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…
  8.  現在、茂原市立美術館・郷土資料館では新たな『茂原市史』を編纂しており、歴史に関わる様々な情報を募集している。「茂原市は、茂原町、鶴枝村…
  9.  平成29年に県指定文化財として登録された椎津城跡は、足利氏・武田氏・里見氏・北条氏らが争奪をくり返した中世の城郭で、房総の戦国史におい…
  10.  アジアを代表する美の祭典『ミセスアジア』への第一歩となる『ミセスジャパン』の地区予選大会が、5月19日、東金市の最福寺において開催され…

ピックアップ記事

  1.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル ショートテニス三和 (月)13~16時 三和コミュニティ 会費:半年5,000円 見学、体験大歓迎 貸しラケットあり 菊池 …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る