房総往来

房総往来
山里 吾郎

 一宮川は房総丘陵の一角、長南町深沢の山間部を源流に、九十九里浜の太平洋・一松海岸付近に注いでいる。延長約37kmの2級河川だが、市原市・大多喜町を流れる養老川がそうであるように、流域にあたる長生郡市にとっては古くから文化や経済を育む母なる川の役割を果たしてきた▼近年は河口付近を終点とする有料道路の俗称(波乗り道路)のように、四季を通じサーファーでにぎわうが、本来は広大な砂浜と干潟に恵まれた景勝地として知られてきた。特に豊富な魚介類は地元民ばかりでなく観光客の食感を大いに刺激する「食の宝庫」でもある▼早くから猛暑に見舞われた7月、偶然にも2回続けて一宮町を訪れた。地元の鮮魚店を覗くと中央にどっかりと大型のヒラメ。さらにお目当ての貝類から、迷わず九十九里名産のハマグリとナガラミを買い込んだ▼家に着くと早速調理。付け加えておくと当方「男子大いに厨房に入るべし」を実践している。ナガラミ(学術名ダンベイキサゴ)はシンプルに塩茹で、ハマグリは定番の焼き網に載せる。「ジュー、ジュー」。汁がこぼれる音に合わせて醤油を少々。あとは熱さを気にしながら口に放り込むだけだ▼茹で上がったナガラミは楊枝などを使い奥の丸まった肝まで食す。岩場に生息するシッタカ(房州ではメイロ玉)と違い砂をかんでいることも多いので、気になるときはぬるま湯で洗いながら食べる。最後に一人前500円と格安で買った縁側付き天然ヒラメの刺身も美味だったことを付け加えておく。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…
  2.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  3.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  4.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  5.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  6.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  7.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  8.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…
  9. 「晴れたら市原、行こう。」をコンセプトに、2014 年からトリエンナーレ形式で開催されてきた「いちはらアート×ミックス…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  1月8日(土)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて公益財団法人千葉県文化振興財団主催で「見る、知る、伝える千葉 創作狂言 里…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る