房総往来

房総往来
山里 吾郎

 一宮川は房総丘陵の一角、長南町深沢の山間部を源流に、九十九里浜の太平洋・一松海岸付近に注いでいる。延長約37kmの2級河川だが、市原市・大多喜町を流れる養老川がそうであるように、流域にあたる長生郡市にとっては古くから文化や経済を育む母なる川の役割を果たしてきた▼近年は河口付近を終点とする有料道路の俗称(波乗り道路)のように、四季を通じサーファーでにぎわうが、本来は広大な砂浜と干潟に恵まれた景勝地として知られてきた。特に豊富な魚介類は地元民ばかりでなく観光客の食感を大いに刺激する「食の宝庫」でもある▼早くから猛暑に見舞われた7月、偶然にも2回続けて一宮町を訪れた。地元の鮮魚店を覗くと中央にどっかりと大型のヒラメ。さらにお目当ての貝類から、迷わず九十九里名産のハマグリとナガラミを買い込んだ▼家に着くと早速調理。付け加えておくと当方「男子大いに厨房に入るべし」を実践している。ナガラミ(学術名ダンベイキサゴ)はシンプルに塩茹で、ハマグリは定番の焼き網に載せる。「ジュー、ジュー」。汁がこぼれる音に合わせて醤油を少々。あとは熱さを気にしながら口に放り込むだけだ▼茹で上がったナガラミは楊枝などを使い奥の丸まった肝まで食す。岩場に生息するシッタカ(房州ではメイロ玉)と違い砂をかんでいることも多いので、気になるときはぬるま湯で洗いながら食べる。最後に一人前500円と格安で買った縁側付き天然ヒラメの刺身も美味だったことを付け加えておく。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る