房総往来

房総往来
山里 吾郎

 一宮川は房総丘陵の一角、長南町深沢の山間部を源流に、九十九里浜の太平洋・一松海岸付近に注いでいる。延長約37kmの2級河川だが、市原市・大多喜町を流れる養老川がそうであるように、流域にあたる長生郡市にとっては古くから文化や経済を育む母なる川の役割を果たしてきた▼近年は河口付近を終点とする有料道路の俗称(波乗り道路)のように、四季を通じサーファーでにぎわうが、本来は広大な砂浜と干潟に恵まれた景勝地として知られてきた。特に豊富な魚介類は地元民ばかりでなく観光客の食感を大いに刺激する「食の宝庫」でもある▼早くから猛暑に見舞われた7月、偶然にも2回続けて一宮町を訪れた。地元の鮮魚店を覗くと中央にどっかりと大型のヒラメ。さらにお目当ての貝類から、迷わず九十九里名産のハマグリとナガラミを買い込んだ▼家に着くと早速調理。付け加えておくと当方「男子大いに厨房に入るべし」を実践している。ナガラミ(学術名ダンベイキサゴ)はシンプルに塩茹で、ハマグリは定番の焼き網に載せる。「ジュー、ジュー」。汁がこぼれる音に合わせて醤油を少々。あとは熱さを気にしながら口に放り込むだけだ▼茹で上がったナガラミは楊枝などを使い奥の丸まった肝まで食す。岩場に生息するシッタカ(房州ではメイロ玉)と違い砂をかんでいることも多いので、気になるときはぬるま湯で洗いながら食べる。最後に一人前500円と格安で買った縁側付き天然ヒラメの刺身も美味だったことを付け加えておく。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る