チームワークで創る豊かな音色

ふたりで弾くって楽しい
チームワークで創る豊かな音色
ピアノアンサンブルサークル アンダンテ

 1台のピアノを2人以上で弾く連弾。自分のパートと相手の出す音を合わせ、複雑で豊かな音楽を創りだす。市原市のちはら台コミュニティセンターで毎週火曜日に連弾を楽しむのはピアノアンサンブルサークル『アンダンテ』。アンダンテとは音楽の演奏記号で「歩くような速さで」という意味。代表の小林緑さんは「仕事や子育てで忙しい方も多いのでゆっくり歩んでほしいと思う」と話す。クラッシックからポップス、流行歌までジャンルは問わない。9人のメンバーは30代を筆頭に70代までと幅広い。
 視聴覚室に入ると2人のサークル員がグランドピアノに向い楽曲を奏でていた。体でリズムを取りながら鍵盤に集中する表情は真剣そのもの。終わるとほっとしたように顔を見合わせ笑顔で立ち上がった。自分の番を待つメンバーは弾き手ペアーのピアノ曲に合わせて指を動かしたり、自分たちの楽譜を見て時おり小声で言葉を交わす。持ち帰って家で確認するためなのだろう、窓際や椅子の上には小さなレコーダーが回っていた。
『名作映画メドレー』、『宇宙戦艦ヤマト』、『ジュピター』、『リベルタンゴ』など1組ずつレッスンしたあと、全員揃うとリレー連弾の練習に入った。同センターで開くコンサートのために行う初めての音合わせである。十数曲が次々と出てくるメドレーは『クリスマスパーティは大騒ぎ』。曲の切れ目に急いで交代し、全員が弾く奏法。入れ替わるタイミングや楽譜めくりがうまくいかないと曲はとぎれてしまう。自分の出番が終わるとおもちゃの鈴や鉄琴を鳴らす伴奏もある。「ここから入って」、「そこはゆっくり」と打ち合わせも気心が知れている同士なのでスムーズ。リハーサルとはいえ室内は賑やかなクリスマスムードで溢れた。メンバーの誰もが「練習が楽しい」と話すように、3、4組ごとに集まり個人宅や公共施設での稽古にも余念がない。
 40代の古家佳子さんは「一人だと妥協してしまうけれど、相手がいると間違えないように頑張れる」と向上心を刺激されている。練習時間は貴重で家ではピアノを弾きながら「早くお風呂にはいりなさい」と3人の子どもたちをせかすこともあるとか。渡部みゆきさんは「指も目も頭も使う。レッスンが終わると全身汗をかいてぐったり」と充実感を語る。サークルで大上千枝さんと知り合い、アマチュアデュオとして地元で開かれる音楽祭などに参加しているという。大上さんは「入って3年目。子どものころ習っていたので20年のブランクは感じなかった」と楽しくてたまらない様子。音楽教師の渡部満紀子さんは70代。「4本の手で音を出すので、表現の幅が広がるのが連弾の魅力。クラッシクだけでなくニューミュジックや洋楽にも挑戦できる。若い方が多く、好みの音楽、ファッションや夫婦の在り方も私たち世代とは違い新鮮。」と話す。
 10周年の今年、記念に千葉のハーモニープラザのホールでサマーコンサートを開催した。視覚的な演出にも凝り、遊び心もいっぱい。シンガーソングライターのアンジェラ・アキをまねてメガネをかけチェックのシャツにジーンズを着て、3種類のリコーダーで『手紙~拝啓十五の君へ』も合奏した。年1回初冬に開くコンサートでもディズニーキャラクターの扮装をしたり、テレビドラマの挿入歌に合わせて小学生の黄色い通学帽をかぶったり。テレビ番組『笑点』のテーマ曲を披露したときには全員ハッピをはおり手作りのマラカスを持って登場し、聴衆を沸かせたそうだ。バイオリンやハンドベルを使って親子共演したこともある。今年のコンサートのパフォーマンスはまだ決めていないとのことで、「今年は演奏で聴かせます」とおどけるメンバーたち。
 創設以来所属している小林さんは「連弾は演奏技術に関係なく楽しめる。ピアニストは自分の音楽を追及しがちになるが、連弾サークルのメンバーは相手に合わせたり、自分を抑えたりできる人が多い。転勤や家の都合でメンバーは入れ替わったけれど、音楽でつながり10周年を迎えられた」と振り返る。会話をするように複数で奏でるピアノがサークルの絆も紡いできた。
コンサート 11月30日(土)13時30分~ちはら台コミュニティセンターにて

問合せ 小林さん
TEL 080・6712・2486

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る