子育ての極意を学ぶ

 市原市の男女共同参画に関する市民企画講座に採用されたNPO法人ファザーリング・ジャパンによる『いちはらパパ・ママスクール』(全2回)がyouホールで開催された。2月23日、男女17名が参加したのは『働くパパの時間術(パパ対象)・メイクセラピー講座(ママ対象)』。
「ドングリや石ころでも子どもが大切にしているものを大事にしてあげると自分も大切な存在だという感情が育まれる」、「子どもがだだをこねるのも妻が不機嫌になるのも信頼の証だと受け止めると愛しく思える」など育児の本やブログを書く栗田正行さんが講義し、父親たちはグループ別に話し合った。母親対象の講座ではメイクセラピストの大久保美帆さんが「外見を整えると心と脳によい変化が起こり、自信がでてくる」と、なりたい自分をメイクで演出する方法を教えた。5歳と2歳の男の子の父親の感想は「妻を思いやるのも子育ての一部だと知った。時間の使い方を考えたい」とのこと。
 最終回の3月9日はパートナーシップを学ぶ『夫婦で語ろう わたしたちのこと』、雪で延期になった初回の『絵本ライブ&バルーンアート』が行われ、母親が選ばないようなナンセンスな絵本など父親目線の読み聞かせ方などが伝授された。同NPO広報の風戸嘉幸さんは「男性の育児参加応援と忙しい母親のリフレッシュが狙い。子育てを楽しむ父親イクメンと祖父イクジイ養成の次は育児に理解のある上司イクボスを増やしたい」と話した。

問合せ 市原市役所人権・国際課 
TEL 0436・23・9826

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…
  3. 市原市ラグビーフットボール協会  市原市ラグビーフットボール協会は、昭和41年に設立、今年で54年目を迎えます。当協会の歴史は、日本経済…
  4.  毎月第4月曜日に五井公民館でふれあい子育てサロン『子育て会1・2・3(ワンツースリー)』が開催されている。未就学前の乳幼児と親たちを対象…

ピックアップ記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…

イベント情報まとめ

スタッフブログ

ページ上部へ戻る