お洒落で上品なキルティングバッグ

 8月下旬、三和コミュニティセンターで『ハワイアンキルト~シェル図案を作成~』が開かれ18名が参加。講師の田口雅子さんと2人のアシスタントが作品づくりの手ほどきを行った。全3回で、出来上がり寸法縦27・5センチ、横30センチ、持ち手の幅1センチ、長さ38センチの手提げバッグを仕上げる。ハワイアンキルトは、海、山、花や木々、魚、貝等の自然をモチーフに台布を8分の1に折り畳んで図案にするのが特徴。今回は全体の2分の1のシェルの図案をアップリケする。更にパールビーズを縫い付け、おしゃれに仕上げる。
 初日はアップリケを台布へまつる作業をメインに行った。ポイントは、くぼんだ箇所には切り込みを入れ、ほつれ止めとしてボタンホール・ステッチを加えるところ。中央ハート型の先端部は3回に分けて縫い代を折りたたむ。「根気が大切。数をこなし『初めてだからうまくできない』を乗り越えて」とアドバイス。「手芸は好きだけれど、何を作ったらよいか思いつかない。習いにくれば新しいものが作れて楽しい」と参加者。
 繊細で上質、センスのいい作品を求めて受講し「田口先生の講座はいつも人気。抽選で当たって嬉しい」と笑顔で話す人も多かった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る