足にピッタリの靴を選ぶ

 9月26日に市原市勤労会館で市主催の消費生活講座『足に合った歩きよい靴の選び方』が開かれ、約50名が参加した。講師は(一社)東靴協会会長の小堤幸雄さん。
 全身の2%に過ぎない足裏の表面積。だが、その2%に全身の体重がかかっており、歩くとその2~3倍、ジャンプすると6倍もの体重が足にかかっていく。人間の骨は全部で約206個あるといわれているが、その内の約4分の1が足の骨であることも頷ける。そして全身を支える大切な足を守る役割を果たすのが靴だ。靴選びは健康に大きく関わってくる。では、どんなポイントで靴を選んだらよいのか。購入する際には必ず両足とも試し履きをして歩いてみること。指が締めつけられていないか、履き口が足にくい込んでいないか。つま先がぶつかるものはもちろんNGだ。歩行時の足の動きを考えると10ミリ以上の余裕が欲しい。甲は深めのものがよい。購入するのは足と靴に関する専門知識を持つシューフィッターのいる店がお勧め。足にピッタリと合った靴を選択、または微調整を行ってくれる。店頭で「シューフィッターさんはいますか」と尋ねてみるとよい。足がむくんでくる夕方に試し履きをしてから購入すると安心だ。
「ぴったりと足に合う靴は履いた時に軽く感じるはず。合った靴に出会えたら、その感覚を覚え、少々高くても手に入れて下さい。普段履きはいいものを長く履く方がお得ですよ」と小堤さん。女性のハイヒールは足への負担が大きいので、2時間以上の立位は避けるのが好ましい。パーティー会場などで履き替えるのも手。お洒落なデザインも大切だが、たまには足を労ってあげてはいかが。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る