足にピッタリの靴を選ぶ

 9月26日に市原市勤労会館で市主催の消費生活講座『足に合った歩きよい靴の選び方』が開かれ、約50名が参加した。講師は(一社)東靴協会会長の小堤幸雄さん。
 全身の2%に過ぎない足裏の表面積。だが、その2%に全身の体重がかかっており、歩くとその2~3倍、ジャンプすると6倍もの体重が足にかかっていく。人間の骨は全部で約206個あるといわれているが、その内の約4分の1が足の骨であることも頷ける。そして全身を支える大切な足を守る役割を果たすのが靴だ。靴選びは健康に大きく関わってくる。では、どんなポイントで靴を選んだらよいのか。購入する際には必ず両足とも試し履きをして歩いてみること。指が締めつけられていないか、履き口が足にくい込んでいないか。つま先がぶつかるものはもちろんNGだ。歩行時の足の動きを考えると10ミリ以上の余裕が欲しい。甲は深めのものがよい。購入するのは足と靴に関する専門知識を持つシューフィッターのいる店がお勧め。足にピッタリと合った靴を選択、または微調整を行ってくれる。店頭で「シューフィッターさんはいますか」と尋ねてみるとよい。足がむくんでくる夕方に試し履きをしてから購入すると安心だ。
「ぴったりと足に合う靴は履いた時に軽く感じるはず。合った靴に出会えたら、その感覚を覚え、少々高くても手に入れて下さい。普段履きはいいものを長く履く方がお得ですよ」と小堤さん。女性のハイヒールは足への負担が大きいので、2時間以上の立位は避けるのが好ましい。パーティー会場などで履き替えるのも手。お洒落なデザインも大切だが、たまには足を労ってあげてはいかが。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  2.  茂原市にある『ほのおか館(旧本納公民館)』で活動する本納陶芸クラブ。成形や絵付け・釉掛けの講師を担当する山本さんが設立し、約30年になる。…
  3.  仕事が休みの日の午前中は、太陽が昇るか昇らないかくらいの薄暗い、まだ肌寒い時間から庭作りを始めます。前日から明日はあれをやろう、これもやっ…
  4.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  5.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  6.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  7. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  8. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る