季節のスケッチ

俳画と文 松下佳紀

人生は芝居、人は役者とは先人の言葉だが、それは人の一生が芝居のように波瀾に富んだものだからだ。百人に百の人生があるようにその舞台は多様で興味深い。一幕では足りない派手な役者も、一幕で充分と言う地味な役者も名優であることは確かだ▼人生は悲劇とも喜劇とも言う。両方正しいが、どちらかといえば悲劇のほうが目立つ。人生は重荷を負って歩むようだとの別人の言葉も、やはり人生は悲劇的色合いが濃いことを証明する▼とはいえ私は人生を悲観しているのではない。人生には生きる喜びや楽しみが無数にあるのだから。ただ私が常々人生を思う時、その舞台に、どこか哀感をおびた秋風が音もなく吹きぬけるような気がしてならないのである。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…
  3. 市原市ラグビーフットボール協会  市原市ラグビーフットボール協会は、昭和41年に設立、今年で54年目を迎えます。当協会の歴史は、日本経済…
  4.  毎月第4月曜日に五井公民館でふれあい子育てサロン『子育て会1・2・3(ワンツースリー)』が開催されている。未就学前の乳幼児と親たちを対象…

ピックアップ記事

  1. 宝林寺住職 千葉公慈さん  2月3日(日)、市原市立南総公民館で行われた『生き活き大学公開講座』。講師の駒沢女子大学の教授で、市内宝林寺の…
  2.  異常気象や地震などで、全国各地に災害が発生している近年。特に2011年3月11日によってもたらされた東日本大震災は、未だに鮮明に記憶して…

イベント情報まとめ

スタッフブログ

ページ上部へ戻る