パンジーとビオラの寄せ植え

 10月27日に県立鶴舞桜が丘高校の農場にて、南総公民館主催講座『秋の寄せ植え』が行われ、約30名が参加した。農場内のミニハボタンやシクラメンの苗などを見学したあと、赤色と青色のパンジー、黄色、青紫色、薄紫色のビオラから3株を選んで寄せ植えをした。寒くなって発育が悪くなる前に根をしっかりと張らせるため、10月から11月に植えるのが基本。「赤系は伸びが早いなど色によって成長が異なる。見た目を揃えたいなら同色で合わせた方がいいですよ」と北陸地方独特のイントネーションで楽しい講義を展開したのは同校、食とみどり科の教諭、西野将司さん。寄せ植え作業時には同校草花コースの3年生7名が参加者を手伝った。
 温室で好みのパンジーとビオラを選び、参加者が作業場へ戻ってくると「花も種もむしり取って下さい。もったいないと思わないで」との指示が。これは、花が咲き終わる頃、種を作るのに栄養がとられて成長が悪くなるから。「1週間もしたら満開になるので心配しないで」と西野さん。次に、3株を鉢の縁側に配置、土をふわっと入れる。土は赤土に堆肥やパーライト他を混ぜ合わせたものを使用。さらに殺虫剤と肥料をひとつまみずつ、苗と苗の間3カ所に撒いて完成。持ち帰ったあとは水をたっぷりとあげ、「時間のある人は、枯れた花をその都度取ってあげて。時間のない人は枯れ始めた花を見つけたら、一気に全部取ってしまっても。そうすれば満開を長い間楽しむことができますよ」。6月にも『初夏の寄せ植え』と題したペチュニアの寄せ植え講座が行われたが、それらのほとんどが「まだ元気に咲いている」と前回も参加した人たち。11月22日(土)には同農場で9時から収穫祭が行われる。同校の生徒たちが自信を持って育てているシクラメンなど、質の高い鉢植えの花や野菜はいかが。

問合せ 鶴舞桜が丘高校
TEL 0436・88・3211

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  2.  毎週水曜の11~13時、市原緑地運動公園内の臨海第2庭球場で練習を行うソフトテニス『サラシナクラブ』。今年スタートと新しく、現在会員募集中…
  3. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…
  4. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  5.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  6.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  7.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  8.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. (株)cocomi(ここみ/所在地・平田)は、鍼パルス治療(低周波鍼通電療法)やツボ押しなどの施術を行う『ここみ治療院』と、通所介護施設の…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る