パンジーとビオラの寄せ植え

 10月27日に県立鶴舞桜が丘高校の農場にて、南総公民館主催講座『秋の寄せ植え』が行われ、約30名が参加した。農場内のミニハボタンやシクラメンの苗などを見学したあと、赤色と青色のパンジー、黄色、青紫色、薄紫色のビオラから3株を選んで寄せ植えをした。寒くなって発育が悪くなる前に根をしっかりと張らせるため、10月から11月に植えるのが基本。「赤系は伸びが早いなど色によって成長が異なる。見た目を揃えたいなら同色で合わせた方がいいですよ」と北陸地方独特のイントネーションで楽しい講義を展開したのは同校、食とみどり科の教諭、西野将司さん。寄せ植え作業時には同校草花コースの3年生7名が参加者を手伝った。
 温室で好みのパンジーとビオラを選び、参加者が作業場へ戻ってくると「花も種もむしり取って下さい。もったいないと思わないで」との指示が。これは、花が咲き終わる頃、種を作るのに栄養がとられて成長が悪くなるから。「1週間もしたら満開になるので心配しないで」と西野さん。次に、3株を鉢の縁側に配置、土をふわっと入れる。土は赤土に堆肥やパーライト他を混ぜ合わせたものを使用。さらに殺虫剤と肥料をひとつまみずつ、苗と苗の間3カ所に撒いて完成。持ち帰ったあとは水をたっぷりとあげ、「時間のある人は、枯れた花をその都度取ってあげて。時間のない人は枯れ始めた花を見つけたら、一気に全部取ってしまっても。そうすれば満開を長い間楽しむことができますよ」。6月にも『初夏の寄せ植え』と題したペチュニアの寄せ植え講座が行われたが、それらのほとんどが「まだ元気に咲いている」と前回も参加した人たち。11月22日(土)には同農場で9時から収穫祭が行われる。同校の生徒たちが自信を持って育てているシクラメンなど、質の高い鉢植えの花や野菜はいかが。

問合せ 鶴舞桜が丘高校
TEL 0436・88・3211

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る