夏の大三角形もモビールに

 「楽しい夏休みの思い出を描いてね」と小学生19人に呼びかけたのは講師のキットパスアートインストラクターの松山知子さん。8月10日、国分寺公民館主催事業夏休みこども講座『モビールを作ろう』が開かれた。画材は知的障がい者雇用に積極的なチョークメーカーが開発した、クレヨンに似たキットパス。表面が平らなガラスやホワイトボードなどにも描け、水に溶けるので消すことも、水彩絵具のような効果も出せる。
 子どもたちがラミネートフィルムに描いたのは浮き輪、スイカ、ひまわりなどモビールに下げるモチーフ。2年生の女の子は水族館で見たイルカを、ミニバスケットチームに所属する男の子たちはゴールやボールを思い思いに描き進める。テンプレートのハートや星型も使い、カラフルな色で塗ったり化粧パフでぼかしたり。モビールの中心となる太めの渦巻き型をひとつ作り、空いたスペースには自由な描線も。
 絵ができたらラミネーターに通しシート状にしたあと、ハサミで切り出し、工具で糸を結ぶ穴をあける。うずまき型の中央に糸を通し、周囲に他のモチーフを下げるのは、手先を使う細かい作業。上手に糸を結んだりビーズやスパンコールをつけたりできない子どもは大人の手を借りていた。
 3年生の男の子は「花火やプラネタリウムを見た」と大きな打ち上げ花火と夏の大三角形を、5年生の女の子は「キャンプに行った」とテントや虫取り網などをゆらゆらと吊るし、子どもたちはそれぞれの夏休みを形にした。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る