色々な呼び名や逸話を持つヒガンバナ

 朝晩が冷え込み、秋が深まってきました。皆様体調など崩したりしていないでしょうか。シルバーウィークに観察に行った久しぶりの里山は、よく晴れていて気持ちがよかったです。
 この時期は、身近の色々なところでヒガンバナが咲いています。ヒガンバナは多年草で高さは30?50センチ、茎の先に鮮やかな赤色の花を輪状につけます。花は6個の花被片があり、それぞれが反り返って1つの花の花びらのようです。またおしべとめしべが外へ長く伸びており、私には線香花火を逆さまにしたように見えます。
 花が終わると葉が出てきますが、食べられる野草と見た目が似ているので誤食に注意が必要です。この植物には毒性があり、そのまま経口摂取すると嘔吐や下痢を起こします。昔から人々はこの毒性を利用しており、作物や墓を荒らす動物や虫よけに田畑のそばや墓に植えられていることもあるようです。また、毒の成分は水溶性のため、水に長時間浸けることで戦時中などは食用にしたり利尿や去痰の生薬にするなどの利用もあったようです。
 ヒガンバナの名は、彼岸のころに咲くことからつけられましたが、そのほかにも曼珠沙華など様々な呼び名が数えきれないほどあります。ちなみに「曼珠沙華」は仏教での天界の花の名前です。欧米では園芸用に栽培され、ギリシャ神話の女神の名からリコリスと呼ばれています。また、花と葉が一緒に出ないことから「互いを恋しがる」とのことで相思花という呼び名もあります。
「彼岸」ということでヒガンバナにあまり縁起の良いイメージはないかもしれませんが、私はその見た目や群生している風景をきれいだなと思います。色々な呼び名や逸話は調べてみて面白かったです。ここには残念ながら書ききれないので、もし興味を持ちましたら調べてみてください。

(ナチュラリストネット/岡島亜純)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る