色々な呼び名や逸話を持つヒガンバナ

 朝晩が冷え込み、秋が深まってきました。皆様体調など崩したりしていないでしょうか。シルバーウィークに観察に行った久しぶりの里山は、よく晴れていて気持ちがよかったです。
 この時期は、身近の色々なところでヒガンバナが咲いています。ヒガンバナは多年草で高さは30?50センチ、茎の先に鮮やかな赤色の花を輪状につけます。花は6個の花被片があり、それぞれが反り返って1つの花の花びらのようです。またおしべとめしべが外へ長く伸びており、私には線香花火を逆さまにしたように見えます。
 花が終わると葉が出てきますが、食べられる野草と見た目が似ているので誤食に注意が必要です。この植物には毒性があり、そのまま経口摂取すると嘔吐や下痢を起こします。昔から人々はこの毒性を利用しており、作物や墓を荒らす動物や虫よけに田畑のそばや墓に植えられていることもあるようです。また、毒の成分は水溶性のため、水に長時間浸けることで戦時中などは食用にしたり利尿や去痰の生薬にするなどの利用もあったようです。
 ヒガンバナの名は、彼岸のころに咲くことからつけられましたが、そのほかにも曼珠沙華など様々な呼び名が数えきれないほどあります。ちなみに「曼珠沙華」は仏教での天界の花の名前です。欧米では園芸用に栽培され、ギリシャ神話の女神の名からリコリスと呼ばれています。また、花と葉が一緒に出ないことから「互いを恋しがる」とのことで相思花という呼び名もあります。
「彼岸」ということでヒガンバナにあまり縁起の良いイメージはないかもしれませんが、私はその見た目や群生している風景をきれいだなと思います。色々な呼び名や逸話は調べてみて面白かったです。ここには残念ながら書ききれないので、もし興味を持ちましたら調べてみてください。

(ナチュラリストネット/岡島亜純)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る