模写で画家の作品世界を感じとる

 南総公民館で昨年も行われ、好評だった絵画鑑賞講座。絵画の模写をし、美術館で本物を見る全4回の日程で、今年も9月下旬から10月中旬に行われた。今回鑑賞する美術展は、上野の東京都美術館で開催中のモネ展。長年、美術教師を勤め、現在は銅版画制作や絵画教室の指導をする講師の古滝正治さんは、「美術館での絵画鑑賞は、感性を育てるのに重要。ぜひ本物ならではの美しさ、迫力にふれ、様々なことを感じてほしい」と話す。
 取材した日は、美術館で展示されている作品の模写の初回。モネの『印象・日の出』『日傘の女』などカラープリントした20点から、参加者が好きな作品を選び、その絵に合った地色をキャンバス全体に塗る。次に絵の大まかな構図をトレーシングペーパーになぞったら、絵の具が乾いたキャンバスに、カーボンを使って転写する。「欧州の有名美術館では、美術学生などが本物の絵画の前で模写する姿が普通に見られます。模写で技法等を学ぶんですね。今回の講座ではそっくりに描く必要がなく、自分で絵を解釈し、感じた色や形を表現する。まったく違う色を使ってもかまいません。画家の色づかいや工夫した点などを、鑑賞者が主体的に味わおうとするものです。その上で本物を見ると、非常に奥深い鑑賞ができます」と古滝さん。
 キャンバス全体におく地色は、絵に深みを出す効果がある。この色を部分によって生かしつつ、濃い・暗い色から淡い色へと順に乗せていけば、絵に奥行きや広がりが生まれる。「皆さんと一緒に描くと、勉強になります」「一生懸命写し取って、色を考える時間が楽しいですね」とそれぞれのペースで作業を進める参加者たち。古滝さんは「絵が仕上がったら額縁選びの学習をします。ぜひ自宅に飾って楽しみましょう」と勧めた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  御宿町・日墨友好文化大使のヴァイオリニスト・黒沼ユリ子さん(81歳・御宿町在住)が、小学校時の図工の恩師であるイラストレーター・大西三朗さ…
  2. いつものにぎやかな音楽が聴こえると、それは移動販売車ピース号が来た合図。食品や日用品などを乗せて、週に1度、決まった場所へ決まった時間にやっ…
  3.  1945年8月15日の終戦の日、連合国軍機と交戦し墜落したとみられる零戦の機銃が、今年1月、大多喜町で発見された。遺族の依頼を受けた有志の…
  4.  日本の伝統文化として海外でも興味関心の高い折り紙。必ず一度は折ったことがあるだろう。一年の延期を経て今夏開催された東京オリンピックで、来日…
  5. メヒコの衝撃─メキシコ体験は日本の根底を揺さぶる 9月26日(日)まで 市原湖畔美術館  メキシコのスペインによる征服から500年、独立…
  6.  世の中、理不尽なことがたくさん起こりますが、それをどう捉えるかで人生の行く道が変わることがあります。目の前で起こっている理不尽なことは、今…
  7.  ボランティア団体『桜さんさん会』は今年4月23日、東京の憲政記念会館で開催された『第15回みどりの式典』で緑化推進運動功労者内閣総理大臣表…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  御宿町・日墨友好文化大使のヴァイオリニスト・黒沼ユリ子さん(81歳・御宿町在住)が、小学校時の図工の恩師であるイラストレーター・大西三朗さ…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る