模写で画家の作品世界を感じとる

 南総公民館で昨年も行われ、好評だった絵画鑑賞講座。絵画の模写をし、美術館で本物を見る全4回の日程で、今年も9月下旬から10月中旬に行われた。今回鑑賞する美術展は、上野の東京都美術館で開催中のモネ展。長年、美術教師を勤め、現在は銅版画制作や絵画教室の指導をする講師の古滝正治さんは、「美術館での絵画鑑賞は、感性を育てるのに重要。ぜひ本物ならではの美しさ、迫力にふれ、様々なことを感じてほしい」と話す。
 取材した日は、美術館で展示されている作品の模写の初回。モネの『印象・日の出』『日傘の女』などカラープリントした20点から、参加者が好きな作品を選び、その絵に合った地色をキャンバス全体に塗る。次に絵の大まかな構図をトレーシングペーパーになぞったら、絵の具が乾いたキャンバスに、カーボンを使って転写する。「欧州の有名美術館では、美術学生などが本物の絵画の前で模写する姿が普通に見られます。模写で技法等を学ぶんですね。今回の講座ではそっくりに描く必要がなく、自分で絵を解釈し、感じた色や形を表現する。まったく違う色を使ってもかまいません。画家の色づかいや工夫した点などを、鑑賞者が主体的に味わおうとするものです。その上で本物を見ると、非常に奥深い鑑賞ができます」と古滝さん。
 キャンバス全体におく地色は、絵に深みを出す効果がある。この色を部分によって生かしつつ、濃い・暗い色から淡い色へと順に乗せていけば、絵に奥行きや広がりが生まれる。「皆さんと一緒に描くと、勉強になります」「一生懸命写し取って、色を考える時間が楽しいですね」とそれぞれのペースで作業を進める参加者たち。古滝さんは「絵が仕上がったら額縁選びの学習をします。ぜひ自宅に飾って楽しみましょう」と勧めた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る