模写で画家の作品世界を感じとる

 南総公民館で昨年も行われ、好評だった絵画鑑賞講座。絵画の模写をし、美術館で本物を見る全4回の日程で、今年も9月下旬から10月中旬に行われた。今回鑑賞する美術展は、上野の東京都美術館で開催中のモネ展。長年、美術教師を勤め、現在は銅版画制作や絵画教室の指導をする講師の古滝正治さんは、「美術館での絵画鑑賞は、感性を育てるのに重要。ぜひ本物ならではの美しさ、迫力にふれ、様々なことを感じてほしい」と話す。
 取材した日は、美術館で展示されている作品の模写の初回。モネの『印象・日の出』『日傘の女』などカラープリントした20点から、参加者が好きな作品を選び、その絵に合った地色をキャンバス全体に塗る。次に絵の大まかな構図をトレーシングペーパーになぞったら、絵の具が乾いたキャンバスに、カーボンを使って転写する。「欧州の有名美術館では、美術学生などが本物の絵画の前で模写する姿が普通に見られます。模写で技法等を学ぶんですね。今回の講座ではそっくりに描く必要がなく、自分で絵を解釈し、感じた色や形を表現する。まったく違う色を使ってもかまいません。画家の色づかいや工夫した点などを、鑑賞者が主体的に味わおうとするものです。その上で本物を見ると、非常に奥深い鑑賞ができます」と古滝さん。
 キャンバス全体におく地色は、絵に深みを出す効果がある。この色を部分によって生かしつつ、濃い・暗い色から淡い色へと順に乗せていけば、絵に奥行きや広がりが生まれる。「皆さんと一緒に描くと、勉強になります」「一生懸命写し取って、色を考える時間が楽しいですね」とそれぞれのペースで作業を進める参加者たち。古滝さんは「絵が仕上がったら額縁選びの学習をします。ぜひ自宅に飾って楽しみましょう」と勧めた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る