実力派高校生バンドが突き進む!

「音楽って、僕らにとっては逃げ道であり、生きがいなんですよ」と少し大人びた口調で話すのは、高校生バンド『ヘレル』ボーカルの桐村頼忠さん。結成後まだ10カ月だが、ライブで披露する10曲のうち2曲はすでにオリジナル。ベース担当の小田航太郎さんとは中学の同級生で、当時から2人で作曲をしていた。
「鼻歌でメロディーを作って携帯に録音することが多かったです。ノートに歌詞をつづって、伝えたい気持ちや意味をメモしたり」と桐村さん。主に、市原市や木更津市でライブを行っている『ヘレル』。ギターの篠崎涼さんは、現在桐村さんと同じ高校に在籍、同バンドの名付け親。「響きが好きで付けました。辞書で調べると『汚れなきもの達』という感じで、少し恥ずかしいですよね」と笑う。ドラムの田中絵里佳さんは、演奏を見たメンバーからのスカウトをきっかけに加入。今では、周囲から「仲がいいよね!」と言われることも多いそうだが、「なによりも自分たちが楽しんで演奏することを心がけています。そのためにも、ドラムは全身を使うので体力作りに毎日ランニング中!」とか。
 演奏中、ベースを使ってメンバーを落ち着かせることを心がけているという小田さんは、「僕たちは有名ではない普通の高校生バンド。ライブでは、初めて聴く人をどうすれば魅了できるのか考えています」と冷静な目線も向ける。作詞は伝えやすく聴きやすい日本語を選び、歌詞に乗せて流れるメンバーの弾く音をお互いに信頼する。目標はプロになること。新たな一歩を踏み出す時、彼らの絆はまた深まることだろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る