静電気って、どうして起こるの?

 3月6日(日)、姉崎公民館主催で開催された『科学実験講座』。講師は千葉市内で教師を勤める森眞一さん。「難しいところまでは分からなくて大丈夫。でも、どうして静電気が起きるのか、今日は科学的に考えてみましょう」との声でスタート。
 参加者は小1から小3まで男女20名。第1部は、どんなもので電気は起きるのか実験。ストローを使用して作られた検電機に対して長ネギや水などがどう反応するのか調べた。「水が曲がるなんて不思議だね。理由は分かるかな?」と黒板に絵をかいて説明する森さんに、子どもたちは予想を答える。また、ビニールひもを割いて静電気を起こし、摩擦した棒と反発させて空中に浮遊させると、まるで海を漂うクラゲに見える。子ども達に大人気!
 第2部では、さらに不思議な実験。人間同士が手をつなぎ、電気をためた装置を一人が触れると全員の手にびりっと静電気が走る。小さな悲鳴と、すぐに笑い声が上がる。人間がプラスとマイナスの原子でできていると説明されると、「え!」と驚きの声も聞こえた。どれをとっても初めての実験!子ども達もすぐに積極的に取り組む講座となった。
 講座終了後には、「電気の仕組みがよく分かりました」、「クラゲが一番おもしろかったです」など科学を楽しめた声多数。実験、好きになれたかな?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る