ふまないように、そぉ~っとね

 50センチ四方のマス目でできた「あみ」を踏まないように歩く『ふまねっと運動』。マス目は横に3個、縦に8個並んでいる。ゆっくりとリズムよく歩くことで、身体の左右バランスの改善と歩行機能の向上を目指す。
 3月9日、市原市南部保健福祉センター(なのはな館)で、脳トレ教室を主導するボランティアグループ『ドレミ(笑って脳トレ)』主催の『ふまねっと運動プラス』が行われ9人が参加した。講師は『ふまねっと運動』インストラクターの豊留富美さん。一部、『ドレミ』による脳トレも行われるので『プラス』がついている。
 2、3人ずつ、豊留さんの指示で「右、左」と声を出しながら足を進める。掛け声は待っている人も一緒に。そのうち手拍子も入れて「右、左、右、ポン」、あるいは横歩き、歌いながらなどパターンを変えて歩いていく。参加者は緊張した面持ちで一歩一歩丁寧に足を踏み出す。簡単な動作だが意識をしないと踵であみを踏みそうになる。ゆっくり慎重に行うことが大事。動きが複雑になってくると「あ、間違えた!」、「混乱してきたわ」との声が。集中しながらも楽しそうにはしゃぐ皆さん。豊留さんの明るくテンポのよい指導もあり、部屋には始終、笑い声があふれていた。
「頭と体を同時に使う運動。注意力と集中力、記憶力がアップします。杖をついた人でもできますよ」と豊留さん。「ゲーム感覚で楽しい」、「スムーズに歩けるまで何度も挑戦してみたい」などの感想が聞かれた。
 豊留さんは、同運動の指導者として市の「まちのせんせい」に登録済み。3人以上で会場が確保できたなら一度体験してみては。詳しくは左記へ。

問合せ 市教委 生涯学習センター
TEL 0436・20・1180

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る