ふまないように、そぉ~っとね

 50センチ四方のマス目でできた「あみ」を踏まないように歩く『ふまねっと運動』。マス目は横に3個、縦に8個並んでいる。ゆっくりとリズムよく歩くことで、身体の左右バランスの改善と歩行機能の向上を目指す。
 3月9日、市原市南部保健福祉センター(なのはな館)で、脳トレ教室を主導するボランティアグループ『ドレミ(笑って脳トレ)』主催の『ふまねっと運動プラス』が行われ9人が参加した。講師は『ふまねっと運動』インストラクターの豊留富美さん。一部、『ドレミ』による脳トレも行われるので『プラス』がついている。
 2、3人ずつ、豊留さんの指示で「右、左」と声を出しながら足を進める。掛け声は待っている人も一緒に。そのうち手拍子も入れて「右、左、右、ポン」、あるいは横歩き、歌いながらなどパターンを変えて歩いていく。参加者は緊張した面持ちで一歩一歩丁寧に足を踏み出す。簡単な動作だが意識をしないと踵であみを踏みそうになる。ゆっくり慎重に行うことが大事。動きが複雑になってくると「あ、間違えた!」、「混乱してきたわ」との声が。集中しながらも楽しそうにはしゃぐ皆さん。豊留さんの明るくテンポのよい指導もあり、部屋には始終、笑い声があふれていた。
「頭と体を同時に使う運動。注意力と集中力、記憶力がアップします。杖をついた人でもできますよ」と豊留さん。「ゲーム感覚で楽しい」、「スムーズに歩けるまで何度も挑戦してみたい」などの感想が聞かれた。
 豊留さんは、同運動の指導者として市の「まちのせんせい」に登録済み。3人以上で会場が確保できたなら一度体験してみては。詳しくは左記へ。

問合せ 市教委 生涯学習センター
TEL 0436・20・1180

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る