ふまないように、そぉ~っとね

 50センチ四方のマス目でできた「あみ」を踏まないように歩く『ふまねっと運動』。マス目は横に3個、縦に8個並んでいる。ゆっくりとリズムよく歩くことで、身体の左右バランスの改善と歩行機能の向上を目指す。
 3月9日、市原市南部保健福祉センター(なのはな館)で、脳トレ教室を主導するボランティアグループ『ドレミ(笑って脳トレ)』主催の『ふまねっと運動プラス』が行われ9人が参加した。講師は『ふまねっと運動』インストラクターの豊留富美さん。一部、『ドレミ』による脳トレも行われるので『プラス』がついている。
 2、3人ずつ、豊留さんの指示で「右、左」と声を出しながら足を進める。掛け声は待っている人も一緒に。そのうち手拍子も入れて「右、左、右、ポン」、あるいは横歩き、歌いながらなどパターンを変えて歩いていく。参加者は緊張した面持ちで一歩一歩丁寧に足を踏み出す。簡単な動作だが意識をしないと踵であみを踏みそうになる。ゆっくり慎重に行うことが大事。動きが複雑になってくると「あ、間違えた!」、「混乱してきたわ」との声が。集中しながらも楽しそうにはしゃぐ皆さん。豊留さんの明るくテンポのよい指導もあり、部屋には始終、笑い声があふれていた。
「頭と体を同時に使う運動。注意力と集中力、記憶力がアップします。杖をついた人でもできますよ」と豊留さん。「ゲーム感覚で楽しい」、「スムーズに歩けるまで何度も挑戦してみたい」などの感想が聞かれた。
 豊留さんは、同運動の指導者として市の「まちのせんせい」に登録済み。3人以上で会場が確保できたなら一度体験してみては。詳しくは左記へ。

問合せ 市教委 生涯学習センター
TEL 0436・20・1180

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る