フォトロゲでぐるっと里山周遊!

おいでよ、市原

 4月10日(日)、小湊鉄道沿線と加茂の里山を中心に開催された『第3回いちはら里山フォトロゲ』。フォトロゲ(フォトロゲイニングの略)とは、フィールド内に目標場所を設置し、指定された各場所を通過して与えられた得点で、順位を争う競技のこと。5時間という制限時間内に設置された58カ所を、いかに効率よく回るかが勝負のカギ。
 参加者は146名。家族チームや混合チーム、男子、女子チームなど4部門に分かれているが、個人参加もOKだ。主催であるフィールズ有限会社の細川さんは、「競技志向の方はスポーツとして参加していて、ずっと走っていますね。一方、御家族だと小さいお子さんもいるのでゆっくり回ります。ポイントごとに地域の良さを見られて、各々の楽しみ方ができるのがこのイベントの魅力です」と自信を見せる。
 フィールドは上総久保駅から上総大久保駅までの範囲で、養老川を中心に農業地や住宅地、高滝湖やゴルフ場まで様々な景色が見られる好立地。天気にも恵まれ、どの道を歩いても桜が満開。小湊鉄道株式会社の後援により、大会専用のゼッケンを見せれば鉄道を無料で利用可能と言う面白い試みも含まれていた。
 スタート15分前に、初めて目標場所の写真と地図が配られる。すぐに、参加者達が地図と小湊鉄道の時刻表を見つめながら、「失敗した時のために、こっちの道も策に入れておこう」など額を寄せ合い、そこかしこで作戦を練る姿で溢れた。
 得点はスタート地点に近いほど低く、遠い距離や山の上にある場所ほど高くなる。『月崎駅』や市原市重要文化財の『真光寺山門』、『市原湖畔美術館』など地元では有名な場所から、田んぼの中にある喫茶店の『看板』など、ほんの些細な目印までがポイントに。そこへ到達したことを、参加者は携帯やデジタルカメラの写真で、自身を背景に入れて撮影したことで証明する。
 上総一ノ宮から参加したフィットネス仲間3人組は、「お弁当を持って来たので、お昼も楽しみです。のんびりしていいところですね」と話し、ゆっくりと歩く。また開始早々、里見駅で発見したのは館山から参加した家族。小5、中2の男子二人は汗ばむ陽気の中、美味しそうに焼き芋を頬張っている。「暑いけれど、とっても美味しい。得点よりも、コースを選んでこういう楽しみ方を見つけたい」と笑顔を見せた。個人参加をした四街道の男性は、「2回目の参加でした。去年は友達と一緒だったので、ほとんど歩きながらしゃべっていました。今年は個人なので少し寂しいですが、その分自由かな。まずは近くの高滝周辺を回って、上総久保駅で小湊鉄道を見るのが目標!」と意気込んだ。彼らのカメラの中には、一日の思い出がたっぷりと集ったことだろう。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…
  2.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  3.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  4.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  5.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  6.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  7.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  8.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  9.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  10.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…

ピックアップ記事

  1. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る