体協通信 市原市のテニス振興にむけて

市原市テニス協会理事 小橋清司

 10年ほど前、オーストラリアへテニス留学をした時、そのスポーツ環境には大変驚かされました。テニスが住生活の中に密着していて、家の周りに多数のコートがあり、毎週、子どもたちやジュニア、一般の様々な大会や練習が行われていました。
 私はそんな体験をきっかけに、市原市の子どもたちがいつでもテニスを始めたいと思ったときに気軽に始められ、選手としても上達する機会を提供したいと思い、テニス協会として、テニスの普及・強化に取り組んできました。特に、ジュニア世代への普及活動には力を入れ、毎週、県立市原八幡高校をお借りして、小学生から高校生、一般の方と一緒に練習し、平成25年からは、帝京平成スポーツアカデミーに講師を派遣して、キッズ、ジュニア、一般の100名近くの方と一緒に汗を流しています。
 さらに、ビギナーの子どもたちのための大会や、全国大会につながるトーマスカップなど、年々開催を増やし、昨年は5大会を開催するとともに、平成28年度には、トップレベルのジュニア選手が集まる関東テニス協会公認の大会を開催する予定です。今年の4月で、テニス協会の役員の専任化9年目になります。一緒にテニスを始めた小学生がもう高校生になり、その成長を間近で感じられたことは大きなモチベーションになっています。
 最近、錦織圭選手等の活躍で、テニスを始めてみたいという子どもや一般の方が増えています。その一方で、テニスクラブが市内にないなど、指導者の数も限られており、帝京平成スポーツアカデミーでもキャンセル待ちが発生しています。テニスでは、サッカー協会のような指導者育成方式が地元まで根付いていません。指導者の育成もテニス振興の課題と捉え、講習会などの企画を検討しています。子どもたちのテニスを通した健全育成に向け、お手伝いいただける方、担当までご連絡いただければ幸いです。
 最後になりますが、日ごろ、当協会へ御協力いただいておりますテニス協会の会員の皆様や市原市、体育協会、帝京平成スポーツアカデミー、学校開放で御協力いただいている市原八幡高校関係者の方々には、心から感謝申し上げます。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  私が生まれ育ったのは、東北地方のある小さな港町。浜辺でよく綺麗な形をした貝殻や、青や緑色をした石のようなガラス玉を見つけて遊んでいた記憶が…
  2.  雑木林を散策すると、頭上の枝先に筆先のようなものが観られることがある。長さ2~3センチ、白っぽい軟毛に覆われている。3月に花開くコブシの花…
  3.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  4. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  5. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  6.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  7.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  8.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る