体協通信 市原市のテニス振興にむけて

市原市テニス協会理事 小橋清司

 10年ほど前、オーストラリアへテニス留学をした時、そのスポーツ環境には大変驚かされました。テニスが住生活の中に密着していて、家の周りに多数のコートがあり、毎週、子どもたちやジュニア、一般の様々な大会や練習が行われていました。
 私はそんな体験をきっかけに、市原市の子どもたちがいつでもテニスを始めたいと思ったときに気軽に始められ、選手としても上達する機会を提供したいと思い、テニス協会として、テニスの普及・強化に取り組んできました。特に、ジュニア世代への普及活動には力を入れ、毎週、県立市原八幡高校をお借りして、小学生から高校生、一般の方と一緒に練習し、平成25年からは、帝京平成スポーツアカデミーに講師を派遣して、キッズ、ジュニア、一般の100名近くの方と一緒に汗を流しています。
 さらに、ビギナーの子どもたちのための大会や、全国大会につながるトーマスカップなど、年々開催を増やし、昨年は5大会を開催するとともに、平成28年度には、トップレベルのジュニア選手が集まる関東テニス協会公認の大会を開催する予定です。今年の4月で、テニス協会の役員の専任化9年目になります。一緒にテニスを始めた小学生がもう高校生になり、その成長を間近で感じられたことは大きなモチベーションになっています。
 最近、錦織圭選手等の活躍で、テニスを始めてみたいという子どもや一般の方が増えています。その一方で、テニスクラブが市内にないなど、指導者の数も限られており、帝京平成スポーツアカデミーでもキャンセル待ちが発生しています。テニスでは、サッカー協会のような指導者育成方式が地元まで根付いていません。指導者の育成もテニス振興の課題と捉え、講習会などの企画を検討しています。子どもたちのテニスを通した健全育成に向け、お手伝いいただける方、担当までご連絡いただければ幸いです。
 最後になりますが、日ごろ、当協会へ御協力いただいておりますテニス協会の会員の皆様や市原市、体育協会、帝京平成スポーツアカデミー、学校開放で御協力いただいている市原八幡高校関係者の方々には、心から感謝申し上げます。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  2.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  3. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  4.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  5.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  6.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…
  7.  来月2月11日(祝)千葉県文化会館で、千葉県在住のふたりの俳優による朗読劇が行われる。出演はプロダクション・タンク所属、見上裕昭さんと、文…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る