墨書土器に見る神への祈り

 4月9日、ちはら台コミュニティセンターで主催講座『ちはら台学歴史講座、墨書土器から探る神への祈り』が開かれ約50名が熱心に耳を傾けた。講師は、考古学の講義と普及活動を行っている『ちはら台学ゼミナール』の天野努さん。
 墨書土器とは、墨で絵や文字が書かれた古代日本の土器。「歳神」、「国神」など特定の神に人名と「奉」の文字が記されたもの、「神」の文字のみが記されたものなど形態は様々だが、県内各地の遺跡から神への信仰を示す土器が多数見つかっている。千葉県山武郡芝山町庄作遺跡(9世紀)で出土した土器の内側には人面が、外側には「丈部真次召代(めされるかわりに)国神奉(くにがみたてまつる)」とある。丈部真次という人が冥界に召されることを免れるために供え物を盛り、祈りを捧げたものと理解されている。また、県内外で「竃神」と書かれた土器が住居跡から見つかっている。竃神は家族の功罪を天の司命神に報告すると考えられており、竃の中から土器がわざわざ伏せた状態で発見される事例もあることから「悪事を報告されないよう、竃神を封じ込めようとしたのでは。神へ幸せを祈る行為は今も昔も変わらない。墨書土器は古代の人々の信仰を示す貴重な資料です」と天野さん。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る