墨書土器に見る神への祈り

 4月9日、ちはら台コミュニティセンターで主催講座『ちはら台学歴史講座、墨書土器から探る神への祈り』が開かれ約50名が熱心に耳を傾けた。講師は、考古学の講義と普及活動を行っている『ちはら台学ゼミナール』の天野努さん。
 墨書土器とは、墨で絵や文字が書かれた古代日本の土器。「歳神」、「国神」など特定の神に人名と「奉」の文字が記されたもの、「神」の文字のみが記されたものなど形態は様々だが、県内各地の遺跡から神への信仰を示す土器が多数見つかっている。千葉県山武郡芝山町庄作遺跡(9世紀)で出土した土器の内側には人面が、外側には「丈部真次召代(めされるかわりに)国神奉(くにがみたてまつる)」とある。丈部真次という人が冥界に召されることを免れるために供え物を盛り、祈りを捧げたものと理解されている。また、県内外で「竃神」と書かれた土器が住居跡から見つかっている。竃神は家族の功罪を天の司命神に報告すると考えられており、竃の中から土器がわざわざ伏せた状態で発見される事例もあることから「悪事を報告されないよう、竃神を封じ込めようとしたのでは。神へ幸せを祈る行為は今も昔も変わらない。墨書土器は古代の人々の信仰を示す貴重な資料です」と天野さん。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る