「かわいい」!月花美人

 育てやすく、形や色の種類が多いことで人気の高い多肉植物。6月17日、加茂公民館主催事業『多肉植物でアレンジ』が開かれ、9名が寄せ植えを作った。講師は市原市大久保に住む千葉県生涯大学校の元教授、下中和夫さん。「原産地は乾燥地帯。梅雨から夏にかけては湿度が高いので水は控えめに」、「冬の保温は鉢を発泡スチロールの箱に入れると良い」など育て方を聞いたあと、受講者は作業に取り掛かった。
 使ったのは月花美人、ビロード茜、月兎耳など植物の特徴を表す名のついた5種類。土はプランター用の培養土と赤玉土を8対2の割合で混ぜて使う。マグカップ、軽石を素材にした鉢など大小の器を持参した受講者はサイズに合わせ、「ぎっしり入った」、「斜めでもいいかな」と2、3種だけ配置したり、空いた場所に土を足したりして植え替える。「鉢はプリンカップや製氷皿などアイデア次第で楽しめる」そうだ。
 下中さんが「鉢底ネットはアルミの針金を通し固定するとずれない」、「葉の間に入った土はストローで吹けば取り除ける」など植え方のポイントを教え、作業台の間を行き来すると、受講者は「かわいい」、「朝、癒されそう」と満足した様子で自作を眺める。「植えたときに落ちた葉は日に当てておくか、土に挿せば根が出る」と聞くと、大事そうに拾い集める女性もいた。
 下中さんは「太陽の光を浴び、手を動かす園芸は健康に良い。もっと植物に親しんでもらいたい」と笑顔で講座を終えた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る