「かわいい」!月花美人

 育てやすく、形や色の種類が多いことで人気の高い多肉植物。6月17日、加茂公民館主催事業『多肉植物でアレンジ』が開かれ、9名が寄せ植えを作った。講師は市原市大久保に住む千葉県生涯大学校の元教授、下中和夫さん。「原産地は乾燥地帯。梅雨から夏にかけては湿度が高いので水は控えめに」、「冬の保温は鉢を発泡スチロールの箱に入れると良い」など育て方を聞いたあと、受講者は作業に取り掛かった。
 使ったのは月花美人、ビロード茜、月兎耳など植物の特徴を表す名のついた5種類。土はプランター用の培養土と赤玉土を8対2の割合で混ぜて使う。マグカップ、軽石を素材にした鉢など大小の器を持参した受講者はサイズに合わせ、「ぎっしり入った」、「斜めでもいいかな」と2、3種だけ配置したり、空いた場所に土を足したりして植え替える。「鉢はプリンカップや製氷皿などアイデア次第で楽しめる」そうだ。
 下中さんが「鉢底ネットはアルミの針金を通し固定するとずれない」、「葉の間に入った土はストローで吹けば取り除ける」など植え方のポイントを教え、作業台の間を行き来すると、受講者は「かわいい」、「朝、癒されそう」と満足した様子で自作を眺める。「植えたときに落ちた葉は日に当てておくか、土に挿せば根が出る」と聞くと、大事そうに拾い集める女性もいた。
 下中さんは「太陽の光を浴び、手を動かす園芸は健康に良い。もっと植物に親しんでもらいたい」と笑顔で講座を終えた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る