暮らしとお金の話 パート1 90歳までお金を残す方法

 姉崎公民館主催事業『暮らしとお金の話』(全3回)が開かれた。6月24日、初回の『マイナス金利時代のお金の増やし方』は野村証券(株)証券学習開発課の田中政広さんが講師を務め、14名が参加した。
 高度経済成長期、お金は貯金しておけば利息がつき、老後の生活は安泰だった。しかし、「日銀のマイナス金利政策によりますます低金利になった」と田中さん。60歳の人が年金で不足する生活費を補うため、貯蓄1千万円を毎月5万円ずつ取り崩すとしたら、運用利回りゼロだと76歳、3パーセントでも83歳でゼロになる。「年金と利息だけでは生活は破綻する」と具体的な数値をあげ、老後の危機をよく通る声で説く。
 ではどうしたらよいのか。まず、年金や生活費など収入や支出と残るお金を明確にするライフプランを作ること。そのうえで、田中さんは再就職などで収入を増やし、運用利回りの高い金融商品に目を向けることを勧める。「企業は開発、設備投資などリスクを取って経営を広げている。自分たちもリスクを取ることが必要」と国が後押しする貯蓄から投資への転換、NISA(少額投資非課税制度)などを対策としてあげる。金融広報中央委員会が開設するホームページ『知るぽると』ほか、さまざまな情報を参考に「金融の知識を増やし、選択肢を多く持って。選ぶのはみなさん」と力を込めて話した。
 「詳しくないので持っている株を放置してある」という女性も、休憩時間に熱心に質問した男性も「社会情勢を見極め、研究してみたい」と将来を真剣に考えていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る