暮らしとお金の話 パート1 90歳までお金を残す方法

 姉崎公民館主催事業『暮らしとお金の話』(全3回)が開かれた。6月24日、初回の『マイナス金利時代のお金の増やし方』は野村証券(株)証券学習開発課の田中政広さんが講師を務め、14名が参加した。
 高度経済成長期、お金は貯金しておけば利息がつき、老後の生活は安泰だった。しかし、「日銀のマイナス金利政策によりますます低金利になった」と田中さん。60歳の人が年金で不足する生活費を補うため、貯蓄1千万円を毎月5万円ずつ取り崩すとしたら、運用利回りゼロだと76歳、3パーセントでも83歳でゼロになる。「年金と利息だけでは生活は破綻する」と具体的な数値をあげ、老後の危機をよく通る声で説く。
 ではどうしたらよいのか。まず、年金や生活費など収入や支出と残るお金を明確にするライフプランを作ること。そのうえで、田中さんは再就職などで収入を増やし、運用利回りの高い金融商品に目を向けることを勧める。「企業は開発、設備投資などリスクを取って経営を広げている。自分たちもリスクを取ることが必要」と国が後押しする貯蓄から投資への転換、NISA(少額投資非課税制度)などを対策としてあげる。金融広報中央委員会が開設するホームページ『知るぽると』ほか、さまざまな情報を参考に「金融の知識を増やし、選択肢を多く持って。選ぶのはみなさん」と力を込めて話した。
 「詳しくないので持っている株を放置してある」という女性も、休憩時間に熱心に質問した男性も「社会情勢を見極め、研究してみたい」と将来を真剣に考えていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  2.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  3.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  4.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  5.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  6.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  7.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  8.  新しい地図エンタテイメント『地図で楽しむ本当にすごい千葉』が宝島社より刊行! 著者の『都道府県研究会』は、最新データを駆使して47都道府県…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…
  10.  #牛久にカフェを作りたいんだ…発起人たちの思いがそのまま屋号になったカフェスタンドが、3月、小湊鉄道上総牛久駅駅舎にオープンした。発起…

ピックアップ記事

  1.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る