小湊鐵道社長 未来資産を語る

 7月7日、五井公民館で活動する五井ふれあいサロンが企画した特別講演会『小湊鐵道の歴史と里山トロッコ』が開かれ、84名が聴講した。もはや世界共通語となった『SATOYAMA』の魅力を全世界に発信し、「ローカルはモーカルにしたい」と語ったのは講師の小湊鐵道⑭社長の石川晋平さん(43)。
 大正時代、五井から天津小湊まで鉄道を通そうとした地元の有力者たち。資金調達がうまくいかず、安田財閥を築いた安田善次郎に日参し、出資を決断させたという。「当時鉄道は最新の交通手段」。完工後は多くの客を乗せ運行されたが、他の鉄道同様に時代の流れのなかで、今は危機を迎えている。新車両を最後に買ったのは昭和52年、以来数年に一度塗り替え使用している。
 「一度廃線になったら復活は難しい。変わらないものを大切にし、未来へ引き継ぎたい」という石川さん。熱い思いを託したのが、里山トロッコ列車だ。「目指したのは鉄道員が使うレールバイクの楽しさ。開放的な車両で里山の自然を五感で味わえる」とこだわりぬいて作った車両を愛おしそうに説明する。また、90歳の絵本作家かこさとしさんに依頼したパンフレットがきっかけで出版された絵本『出発進行 里山トロッコ列車』は「重版するほどの人気」で広がりに期待がかかる。
 最後に上映したのは大正時代の鉄道工事の動画。今も走る鉄道が、先人の知恵と苦労のもと、人力で敷設されたことに感慨を覚える。質問が多数あり、聴講者は「社長の若さとビジョンに未来を感じる」などと述べていた。(荻野)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る