小湊鐵道社長 未来資産を語る

 7月7日、五井公民館で活動する五井ふれあいサロンが企画した特別講演会『小湊鐵道の歴史と里山トロッコ』が開かれ、84名が聴講した。もはや世界共通語となった『SATOYAMA』の魅力を全世界に発信し、「ローカルはモーカルにしたい」と語ったのは講師の小湊鐵道⑭社長の石川晋平さん(43)。
 大正時代、五井から天津小湊まで鉄道を通そうとした地元の有力者たち。資金調達がうまくいかず、安田財閥を築いた安田善次郎に日参し、出資を決断させたという。「当時鉄道は最新の交通手段」。完工後は多くの客を乗せ運行されたが、他の鉄道同様に時代の流れのなかで、今は危機を迎えている。新車両を最後に買ったのは昭和52年、以来数年に一度塗り替え使用している。
 「一度廃線になったら復活は難しい。変わらないものを大切にし、未来へ引き継ぎたい」という石川さん。熱い思いを託したのが、里山トロッコ列車だ。「目指したのは鉄道員が使うレールバイクの楽しさ。開放的な車両で里山の自然を五感で味わえる」とこだわりぬいて作った車両を愛おしそうに説明する。また、90歳の絵本作家かこさとしさんに依頼したパンフレットがきっかけで出版された絵本『出発進行 里山トロッコ列車』は「重版するほどの人気」で広がりに期待がかかる。
 最後に上映したのは大正時代の鉄道工事の動画。今も走る鉄道が、先人の知恵と苦労のもと、人力で敷設されたことに感慨を覚える。質問が多数あり、聴講者は「社長の若さとビジョンに未来を感じる」などと述べていた。(荻野)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る