小湊鐵道社長 未来資産を語る

 7月7日、五井公民館で活動する五井ふれあいサロンが企画した特別講演会『小湊鐵道の歴史と里山トロッコ』が開かれ、84名が聴講した。もはや世界共通語となった『SATOYAMA』の魅力を全世界に発信し、「ローカルはモーカルにしたい」と語ったのは講師の小湊鐵道⑭社長の石川晋平さん(43)。
 大正時代、五井から天津小湊まで鉄道を通そうとした地元の有力者たち。資金調達がうまくいかず、安田財閥を築いた安田善次郎に日参し、出資を決断させたという。「当時鉄道は最新の交通手段」。完工後は多くの客を乗せ運行されたが、他の鉄道同様に時代の流れのなかで、今は危機を迎えている。新車両を最後に買ったのは昭和52年、以来数年に一度塗り替え使用している。
 「一度廃線になったら復活は難しい。変わらないものを大切にし、未来へ引き継ぎたい」という石川さん。熱い思いを託したのが、里山トロッコ列車だ。「目指したのは鉄道員が使うレールバイクの楽しさ。開放的な車両で里山の自然を五感で味わえる」とこだわりぬいて作った車両を愛おしそうに説明する。また、90歳の絵本作家かこさとしさんに依頼したパンフレットがきっかけで出版された絵本『出発進行 里山トロッコ列車』は「重版するほどの人気」で広がりに期待がかかる。
 最後に上映したのは大正時代の鉄道工事の動画。今も走る鉄道が、先人の知恵と苦労のもと、人力で敷設されたことに感慨を覚える。質問が多数あり、聴講者は「社長の若さとビジョンに未来を感じる」などと述べていた。(荻野)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る