季節のスケッチ

俳画と文 松下佳紀

晩夏の強い日差しが照りつける日々、庭先などにひょいと蜥蜴が姿を見せ、しばらくじっとしていることがある。背から尾にかけての鮮やかな瑠璃色が目を引く。体長十六センチ位。青蜥蜴ともいう。やや小太りの胴体は半光沢で生命感に満ち、四肢がある▼危険を察すると一瞬にして身を翻す。その逃げ足の早さは小憎らしいほどだ。が、野生の生き物が命脈を保つため、それは当然だ。でなければたちまち天敵の餌食になってしまうだろう▼しかし私は、もっと良く観察しようとして一度だけ蜥蜴を素手で捉えたことがある。蛇のように指先でもがく彼の感触がなんとも薄気味悪く、観察どころか、あっけなく手放してしまったのを思い出す。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る