いちはらふるさと点描

~優美~

県道五井・山倉線の西広公民館手前から眺める富士山はなぜかひときわ大きく見える。車で五井方面へ向かうとき、その雄姿がフロント越しに目に入り、そう思ったという人は多い。目の錯覚だろうかと疑いたくなるが、そうではない。視界が狭くなり、真正面の富士山に視点が集中するかららしい。地元の人もここからの富士山は不思議と大きく、絶景と自慢する。
西広の地名は、この地区の鎮守さまの前廣神社からの由来。小高い丘にあり、今では森が茂り周囲は住宅地となっているが、かつては西方眼下に養老川と広々とした田園が見渡せた。昭和35年頃から京葉工業地帯として工場が進出し、沿岸部には煙突が立ち、その向こうに富士山が見えるようになったが、それは現代の市原の象徴だ。
ちなみに、国道297号バイパスの養老川にかかる西広橋と、西広隣の山倉地区の高台から見る富士山も素晴らしく、今では写真ファンに知られたところとなっている。この地に生まれ育った一人として、この悠久の景色に喜びを感じる。(この写真はシティライフ本社前から撮影したものです)

ふるさと写真家 石川松五郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る