~サギの生息する河川~

椎津川は市原市深城付近を源として不入斗川、片又木川と合流、途中、放水路(姉崎、椎津付近)を経て東京湾に流入しており、この放水路は昭和27年頃までは海でした。年間を通して温暖な地であり、多くのサギが生息し、絶好の住処で繁殖地になっています。
ここは、大サギ、小サギ、青サギが主で、とても愛らしく、いつも我々の心を癒してくれています。しかも水位差は約1・5mもあり、干潮時は水位が下がり小川の流れになります。この瞬間をサギ達は絶対に逃しません。浅瀬に集まる魚の群れ(ハゼ) は絶好の餌であり、一気に捕えて飲み込んでしまいます。
ハゼは、敵から身を守るため、大きな群れを作りますので捕まりやすくなります。しかし群れにいると自身が捕らえられる比率は僅かになり、大局的に群れが身を守っているように思います。自然淘汰とはいえ生存競争の厳しさをヒシヒシと感じる一瞬でもあります。
特にサギは、獰猛さがありますが、仕草は、とても優雅で愛らしく人の心をいつも癒してくれます。この素敵なサギの生息地を何としても維持・保存していきたいと心から願っています。

姉崎写友会 伊東茂雄

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る