~サギの生息する河川~

椎津川は市原市深城付近を源として不入斗川、片又木川と合流、途中、放水路(姉崎、椎津付近)を経て東京湾に流入しており、この放水路は昭和27年頃までは海でした。年間を通して温暖な地であり、多くのサギが生息し、絶好の住処で繁殖地になっています。
ここは、大サギ、小サギ、青サギが主で、とても愛らしく、いつも我々の心を癒してくれています。しかも水位差は約1・5mもあり、干潮時は水位が下がり小川の流れになります。この瞬間をサギ達は絶対に逃しません。浅瀬に集まる魚の群れ(ハゼ) は絶好の餌であり、一気に捕えて飲み込んでしまいます。
ハゼは、敵から身を守るため、大きな群れを作りますので捕まりやすくなります。しかし群れにいると自身が捕らえられる比率は僅かになり、大局的に群れが身を守っているように思います。自然淘汰とはいえ生存競争の厳しさをヒシヒシと感じる一瞬でもあります。
特にサギは、獰猛さがありますが、仕草は、とても優雅で愛らしく人の心をいつも癒してくれます。この素敵なサギの生息地を何としても維持・保存していきたいと心から願っています。

姉崎写友会 伊東茂雄

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る