~サギの生息する河川~

椎津川は市原市深城付近を源として不入斗川、片又木川と合流、途中、放水路(姉崎、椎津付近)を経て東京湾に流入しており、この放水路は昭和27年頃までは海でした。年間を通して温暖な地であり、多くのサギが生息し、絶好の住処で繁殖地になっています。
ここは、大サギ、小サギ、青サギが主で、とても愛らしく、いつも我々の心を癒してくれています。しかも水位差は約1・5mもあり、干潮時は水位が下がり小川の流れになります。この瞬間をサギ達は絶対に逃しません。浅瀬に集まる魚の群れ(ハゼ) は絶好の餌であり、一気に捕えて飲み込んでしまいます。
ハゼは、敵から身を守るため、大きな群れを作りますので捕まりやすくなります。しかし群れにいると自身が捕らえられる比率は僅かになり、大局的に群れが身を守っているように思います。自然淘汰とはいえ生存競争の厳しさをヒシヒシと感じる一瞬でもあります。
特にサギは、獰猛さがありますが、仕草は、とても優雅で愛らしく人の心をいつも癒してくれます。この素敵なサギの生息地を何としても維持・保存していきたいと心から願っています。

姉崎写友会 伊東茂雄

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る