ゲートボールのいま

市原市ゲートボール協会

 当競技は昭和22年戦後の混乱期、子供たちのためにと北海道の一住民が戦地で見た競技を参考に発案しました。全国に普及してから70年の星霜を重ねた現在は、世界50カ国以上の国に普及し、国際大会まで開催されるまでに至っております。
 ちなみに会員人口は中国が断トツで、日本が2位だそうです。従って成績の方も常勝と云ったところです。
 一方国内においても、最近はジュニアクラスに創立の主旨に回帰の一端を伺えるに至ったと思っております。中学校、高校で部活動に取り入れられ、全国大会の開催や地域の親善試合を実施するなど、明るい将来が展望されているのではないでしょうか。この活動が全国に一日も早く展開されることを祈って止みませんが、力強い時代の再来を期待しております。
 私どもの現状は市内各地でチームを編成し、練習日を決めてプレーしています。そして定期的に開催される大会にて、その成果を一喜一憂しております。勝敗の結果はともあれ、知らず知らずのうちに健康の保持に大いに役立っております。会員同士の会話に異口同音に聞こえるのは、プレーを続けていて良かったの一言です。
 この競技は簡単に云えば、自分の球を守りながら相手の球を狙って倒すという競技です。単純な行為ですがその方法に楽しさがあります。従って年齢や男女の別など問いません。どなたでも容易に取り組めます。皆さんもプレーしてみませんか。楽しんでみようかと思われる方は、お住まいの地区に会員が居りますので気軽に話してみてください。協会においては初心者のために随時、講習会を開催しておりますので声掛けしてください。
 参考までに、94歳の方が先頭に立って練習に対外試合にと頑張っておられます。90歳台の会員は数人おりますので、皆さんお待ちしております。
 先にも申し述べましたが、遠からずしてジュニアの方々の顔を見受けられる日も来るものと信じ、一日も早く交流のプレーが出来ることを望んでおります。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る