釈迦誕生会とともに芸術を感じて

 今春、市原市椎津にある霊光寺で開催された『花まつり』。境内にある桜がようやく咲き始め、肌寒さが残っていた2日のまつり初日には、多くの近隣住民が足を運ぶ姿が見られた。甘茶や蕎麦もふるまわれた境内の奥にあるのは、本堂と客殿。
 霊光寺の本堂が建立されたのは1756年のこと。かつての久留里藩主黒田家の祈願寺として繁栄したという。花まつりと同時開催されている『書・画・焼物・手芸展示会』について、住職の櫻井密嚴さんは「始めてから7年が経ちますが年々盛況さを増しています。プロ素人の関係なく、みんなで楽しめる展示会にしたいんです。展示された絵の景色からそれぞれの故郷を思い出すでしょう」と想いを語った。
 出品者は桜台や有秋台など近隣住民が多く、地域の繋がりの深さが窺える。力強い書の掛け軸や風景を切り取ったかのような画。そしてなにより目を引いたのは、大きな仏絵(百号)である。
 自身の作品を展示している栢橋在住の橋本善次さんは、「出品者は20名ほどですが、陶器や油絵、水彩画や人形など彩り豊かです。お寺が生きているからこそ、花まつりができる。当たり前のことがいかに大事なのかということを展示会を通して再認識していただけたら」と話した。青葉台から訪れた女性も、「毎年楽しみにしています。評判いいですね」との声。花瓶に生けたゆすらうめの花が、作品の価値をさらに高めていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る