釈迦誕生会とともに芸術を感じて

 今春、市原市椎津にある霊光寺で開催された『花まつり』。境内にある桜がようやく咲き始め、肌寒さが残っていた2日のまつり初日には、多くの近隣住民が足を運ぶ姿が見られた。甘茶や蕎麦もふるまわれた境内の奥にあるのは、本堂と客殿。
 霊光寺の本堂が建立されたのは1756年のこと。かつての久留里藩主黒田家の祈願寺として繁栄したという。花まつりと同時開催されている『書・画・焼物・手芸展示会』について、住職の櫻井密嚴さんは「始めてから7年が経ちますが年々盛況さを増しています。プロ素人の関係なく、みんなで楽しめる展示会にしたいんです。展示された絵の景色からそれぞれの故郷を思い出すでしょう」と想いを語った。
 出品者は桜台や有秋台など近隣住民が多く、地域の繋がりの深さが窺える。力強い書の掛け軸や風景を切り取ったかのような画。そしてなにより目を引いたのは、大きな仏絵(百号)である。
 自身の作品を展示している栢橋在住の橋本善次さんは、「出品者は20名ほどですが、陶器や油絵、水彩画や人形など彩り豊かです。お寺が生きているからこそ、花まつりができる。当たり前のことがいかに大事なのかということを展示会を通して再認識していただけたら」と話した。青葉台から訪れた女性も、「毎年楽しみにしています。評判いいですね」との声。花瓶に生けたゆすらうめの花が、作品の価値をさらに高めていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る