釈迦誕生会とともに芸術を感じて

 今春、市原市椎津にある霊光寺で開催された『花まつり』。境内にある桜がようやく咲き始め、肌寒さが残っていた2日のまつり初日には、多くの近隣住民が足を運ぶ姿が見られた。甘茶や蕎麦もふるまわれた境内の奥にあるのは、本堂と客殿。
 霊光寺の本堂が建立されたのは1756年のこと。かつての久留里藩主黒田家の祈願寺として繁栄したという。花まつりと同時開催されている『書・画・焼物・手芸展示会』について、住職の櫻井密嚴さんは「始めてから7年が経ちますが年々盛況さを増しています。プロ素人の関係なく、みんなで楽しめる展示会にしたいんです。展示された絵の景色からそれぞれの故郷を思い出すでしょう」と想いを語った。
 出品者は桜台や有秋台など近隣住民が多く、地域の繋がりの深さが窺える。力強い書の掛け軸や風景を切り取ったかのような画。そしてなにより目を引いたのは、大きな仏絵(百号)である。
 自身の作品を展示している栢橋在住の橋本善次さんは、「出品者は20名ほどですが、陶器や油絵、水彩画や人形など彩り豊かです。お寺が生きているからこそ、花まつりができる。当たり前のことがいかに大事なのかということを展示会を通して再認識していただけたら」と話した。青葉台から訪れた女性も、「毎年楽しみにしています。評判いいですね」との声。花瓶に生けたゆすらうめの花が、作品の価値をさらに高めていた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る