ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

 秋も深まりだいぶ冷え込んで来ましたが皆さん如何お過ごしでしょうか?秋は収穫、実りの季節。特に果物類は一年の中で種類も豊富、フルーツタルトやジャム作りに大忙し。冷凍しておけば冬の間も楽しめます。
 今回はそんな秋の食材の中からリンゴをテーマに選んでみました。リンゴはそのまま食べても美味しいですが、ジャムにしたりパイ生地に包んで焼いたりと色々な使い道があります。今回はローズヒップ&ハイビスカスティーを使ったリンゴのコンポートのデザートを作ってみましょう。
・材料(3~4人分)
リンゴ1個(なるべく酸味の少ない物)、水200㏄、 白ワイン200㏄、ローズヒップ&ハイビスカスティーバッグ1袋、蜂蜜 大さじ1、プレーンヨーグルト約400g、メイプルシロップ適量、ブルーベリージャム適量
・作り方
①小さめの鍋でお湯を沸騰させ、ローズヒップ&ハイビスカスのティーバッグを入れ5分程置く。
②ティーバッグを鍋から取り出し、蜂蜜、白ワインを入れる。
③リンゴの皮を剥き、8等分程にした後、サイコロ状に刻んでいく。
④③を②の鍋の中に入れ、リンゴがしんなりするまで約30分弱火で煮る。水分が足りなくなったらその都度足していく。
⑤火を止め、粗熱を取ったあと冷蔵庫で十分に冷やす。
⑥コンポートが十分に冷えたら冷蔵庫から取り出し、準備したグラスの中にブルーベリージャム、プレーンヨーグルト、コンポートの順に盛り付けをして、食べる直前に上からお好みの量のメイプルシロップをかける。
 ローズヒップはビタミンCが豊富に含まれ、「ビタミンCの爆弾」とも呼ばれています。ローズヒップティーを毎日飲むことによって美肌効果、シミやそばかすを取り除く効果が期待できます。酸味が強いので蜂蜜を入れるといっそう美味しく頂けますので、皆さんぜひ試してみて下さい。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. シティライフの歩み平成の30年を振り返って―よりよい地域をめざして― 先月の「市原版」「長生夷隅版」に掲載した第1回に続く2回目。1982…
  2.  1月19日(土)、市原市立姉崎公民館で開催された『変形ゴマを作ろう』講座。8人の参加者はコマ作りに入る前、まちのせんせいこと森眞一さんが…
  3. 俳画と文 松下桂紀 以前、私の句とそっくりな句をA紙で発見し、その経緯を報告したが、またも同様の事態が発生し驚いている。上掲の句が私。別人…
  4. 平成31年2月16日号掲載、シティライフの歩み「平成の30年を振り返って」特集にあたって、平成12年(2000年)に行ったシティライフ主催…

ピックアップ記事

  1. 平成31年2月16日号掲載、シティライフの歩み「平成の30年を振り返って」特集にあたって、平成12年(2000年)に行ったシティライフ主催…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る