「絵に巡り合うための旅」 190ヶ国達成記念絵画展開催

津根秀夫さん(市原市)

  旅の思い出に写真を撮る人は多いが、海外旅行へ行くたびに必ず現地の人物や風物を描いた絵画や写真集を購入するという人は、なかなかいないだろう。ましてや、旅行の最大の目的が観光ではなく、現地の絵画作品や写真集を買うこととなると、尚のこと少ないのでは。そんなコレクター旅を楽しんでいるのが、市原市在住の津根秀夫さん(74)だ。
 津根さんは旅が大好きで30代の頃から、国内はほぼ全域、海外へも多くの国を観光目的で訪ねてきた。そして30年近く経ち、撮りためた写真は膨大な数にのぼり整理も一苦労となった。そこで8年ほど前に、写真ではなく何か別の形で旅の記念に残せるものをと考えたところ、思いついたのが現地でしか購入できないような絵画や写真集だった。
 「絵を買うのは主に画廊でだが、イースター島やガラパゴスなどの秘境に行き画廊が見つからない時は、土産物屋や露天で買うこともある。基本的に油絵を購入するが、砂絵や紐を使って型どった絵を買うこともある。マーシャル諸島では貝やレースを使った作品を買った。また、画家に関しては有名無名は問わない。投資目的の絵画購入ではなく、あくまで趣味のコレクション。購入を決めるのは第一印象で。ミャンマーのパコダ(仏塔)やコスタリカの世界一美しい鳥といわれるケツァールなど、その国ならではの、もしくは代表する風物を描いたものであることも大事」と話す。
 ツアー旅行に参加し、わずかな自由時間やランチタイムを画廊回りに費やし、絵画作品を購入する。「ツアー参加者が皆でランチを楽しんでいる時に、自分はパンをかじりながら画廊へと向かう。または観光地巡りを終え、ホテルに帰ってから急いで画廊へと」。そんな慌ただしい思いの連続で、この8年間に買い集めた絵画作品は約300点。写真集は100冊以上に及ぶ。
 今夏、旅で訪れた国が190ヶ国に達した。これを記念して、展覧会『津根秀夫 世界を歩く~190ヶ国の軌跡~』を開催する。11月22日(水)~28日(火)10~18時まで、五井駅西口近くの五井会館4階大ホールにて。絵画作品と写真集のコレクションが展示される。同時に、津根さんの知人によるパステル画作品やつるし雛も展示。入場無料。
 市原市に本社がある環境ビジネス関連会社で会長職を務める津根さん。社長時代から、「年に10回ペースで」海外へ出かけ、2年前に会長となってからは、「1年の半分は海外に出かけている」ということで、毎月のように海外へ旅する。ちなみに、今年10月にはフランスへ行き、12月に南インド、来年2月はアフリカの西サハラ、3月にオーストラリア、4月はポルトガル、6月にブラジルのアマゾン、7月はイギリス、8月に南アフリカ、9月がスペイン、10月はカナダ、11月にアメリカへ渡航予定。「いずれも過去に行ったことのある国ばかりだけど、思うように絵が買えなかった国を再訪したくて」とのこと。すでに、再来年の計画も立てている。
 このように海外旅行熱に火がついたのは、旅先で出会った人の言葉がきっかけで。「何ヶ国行ったのか?と聞かれ、当時、100ヶ国と答えたら、相撲でいえば小結だね、横綱は180ヶ国以上と言われ、では横綱を目指そうと思っていたら、いつのまにか190ヶ国に。でも、まだ行ったことがない国が9ヶ国ある。アフガニスタン、イラク、シリア、サウジアラビア、イエメン、リビア、マリ、ナイジェリア、西サハラ。あと3、4年元気で旅し、80歳になる前に制覇したい」と朗らかに笑う津根さん。
 会期中は毎日、会場に詰めている予定。是非、絵画鑑賞で世界旅行気分を味わってみては。国内の美術館ではなかなか見ることのできない作品の中から、あなただけの「名画」が見つかるかもしれない。

問合せ 津根さん
TEL 0436・25・1566

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 山武市松尾町在住の並木由美子さん(41)は米農家で、ジュニアフードセラピストとしても活躍している。料理教室では小麦粉の代わりに、生の米を用い…
  2. 江戸絵画の名作を題材とした、新作16点も  既成のイメージへ、新たな視点を提示する現代美術家・福田美蘭。新人洋画家の登竜門・安井賞を最年少…
  3.  茂原市東部台文化会館で活動している、エアロビクス&ヒップホップダンスサークルPSP。代表の鈴木洋美さんは約20年前からエアロビのインストラ…
  4.  モミジの紅葉が関東で一番遅いといわれる房総でも、早くから紅葉する樹々がある。里山の散策路にみられるニシキギ(錦木)もその一つ。ニシキギ科ニ…
  5. 以前、英国の知人に、日本には豊富な食材が揃っていて羨ましいと言われた事があります。英国では数十年前まで、カボチャやトウモロコシ、スイカ、サツ…
  6.  鹿児島県出身。58歳。大学進学のため上京し卒業後、東京学芸大学付属養護学校(現・特別支援学校)にて教職に就く。同校小学部での3年間の勤務を…
  7.  私は事業をやっていますが、未だにうまくいかないことが多いです。子育てもうまくいかないことが多く、悩んだ時期もありました。しかし、今考えると…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 山武市松尾町在住の並木由美子さん(41)は米農家で、ジュニアフードセラピストとしても活躍している。料理教室では小麦粉の代わりに、生の米を用い…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る