すべての子どもたちの夢のために
NPO法人市原市サッカー協会

市原市は、市制30周年を迎えた平成5年に「スポーツ健康都市宣言」を致しました。平成3年のJリーグ開幕にあたっては、JEF市原をホームタウンとして迎え、サッカーを核としたスポーツ環境・スポーツ先進都市づくりに向けての新たなスタートが切られました。
平成17年度には全国高校総体、平成22年度には千葉県で37年ぶりとなる「ゆめ半島千葉国体」が市原市をサッカー競技会場として開催されました。全国規模の大会を一市のみで行えるところは、日本国内では限られます。このようなサッカー施設に恵まれた市原市で、市原市サッカー協会は平成25年に法人化し、NPO法人市原市サッカー協会となりました。法人化後も1種・2種・3種・4種・5種を運営する役員、チームを指導する監督・コーチの皆様、登録チームでプレーする子供から社会人の男女を問わない選手たち、これら多くの『人』に恵まれ『絆』を育みながら、今日まで発展的になお向上を続けております。
平成23年に市原市サッカー協会が主体となって立ち上げた市民クラブ「VONDS市原」も充実した活動が図られ、市原プライドを前面に掲げながら、総合型スポーツクラブとして運営を進めています。本年は、VONDS市原FC(サッカートップチーム)がJFL昇格を目指して、関東サッカーリーグ1部に参戦(後期第5節終了時点2位)。組織的には、一般社団法人VONDS市原(代表理事:下原正規)・株式会社VONDS市原(代表取締役:祖母井秀隆)が相互に連携し、NPO法人市原市サッカー協会が後ろ盾となり、サッカートップチームのJリーグ加盟を目指しています。また社会人やアカデミー、スクールなどの組織でソフトボールやサッカー、ダンスを展開して体制強化に努めております。
私たちは、市原市民の郷土意識の高揚や交流、地域社会の新たな一体感を、サッカーを通じてつくりあげることで、青少年の健全育成・地域の再生に寄与したいと考えています。今後ともサッカーの普及・発展、競技力の向上に関する事業を行うとともに、市原市民の健全な心身の発達とスポーツ文化の発展に貢献すべく「すべての子どもたちの夢のために」をモットーに、積極的に活動してまいります。関係者各位の一層のご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る