冬の寒さに明るい光を

 昨年12月、姉崎公民館で開催された『ものづくり教室 ステンドランプシェード作り』。参加者の小学生から大人まで12名は、『まちのせんせい』こと森眞一さんに教わりながら約2時間かけてカラフルなランプシェードを作成した。
 「デザインは簡単。和紙に自分の名前を墨で書いて色を塗るだけです。ローマ字でもひらがなでもOK。あくまでも模様なので、綺麗な字である必要はありません」と冒頭に説明する森さんだが、参加者たちは下書き用のデッサンに夢中。文字の組み方や大きさへのこだわりは、「こんなに悩むと思わなかった!」と、森さんが驚くほど。
 鉛筆でデザインを決めると、和紙に墨で実践。「黒い部分が映えるので、墨はなるべく太く塗りましょう」という指示に従い、和紙にははっきりとした文字が並ぶ。墨を軽く乾かした後、今度は区分けした部分に赤、黄色、紫など6色の色を自由に塗っていく。「暖色系の色でまとめました」と話す女児の手には、見るだけでほんのり温かさを感じる作品があった。
 そこまで出来れば、後は専用のビニールでラミネートするのみ。端を両面テープで留めて丸くすれば完成だ。「中に豆電球を設置して暗闇で光らせても綺麗ですが、丸めずにそのままの状態でガラス窓に貼れば光が差し込んだ時にステンドガラスのようでオススメです」と、森さんのひと声。
 完成したお互いの作品を見て回りながら、「こういう文字の書き方もオシャレだったな」、「とにかくカラフルにしました」など感想も様々だった。森さんによるものづくり教室は全4回予定。日程や参加方法など詳細は問合せを。

問合せ 姉崎公民館 
TEL 0436・61・0124

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る