冬の寒さに明るい光を

 昨年12月、姉崎公民館で開催された『ものづくり教室 ステンドランプシェード作り』。参加者の小学生から大人まで12名は、『まちのせんせい』こと森眞一さんに教わりながら約2時間かけてカラフルなランプシェードを作成した。
 「デザインは簡単。和紙に自分の名前を墨で書いて色を塗るだけです。ローマ字でもひらがなでもOK。あくまでも模様なので、綺麗な字である必要はありません」と冒頭に説明する森さんだが、参加者たちは下書き用のデッサンに夢中。文字の組み方や大きさへのこだわりは、「こんなに悩むと思わなかった!」と、森さんが驚くほど。
 鉛筆でデザインを決めると、和紙に墨で実践。「黒い部分が映えるので、墨はなるべく太く塗りましょう」という指示に従い、和紙にははっきりとした文字が並ぶ。墨を軽く乾かした後、今度は区分けした部分に赤、黄色、紫など6色の色を自由に塗っていく。「暖色系の色でまとめました」と話す女児の手には、見るだけでほんのり温かさを感じる作品があった。
 そこまで出来れば、後は専用のビニールでラミネートするのみ。端を両面テープで留めて丸くすれば完成だ。「中に豆電球を設置して暗闇で光らせても綺麗ですが、丸めずにそのままの状態でガラス窓に貼れば光が差し込んだ時にステンドガラスのようでオススメです」と、森さんのひと声。
 完成したお互いの作品を見て回りながら、「こういう文字の書き方もオシャレだったな」、「とにかくカラフルにしました」など感想も様々だった。森さんによるものづくり教室は全4回予定。日程や参加方法など詳細は問合せを。

問合せ 姉崎公民館 
TEL 0436・61・0124

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…
  2.  7月21日(日)、市原市根田にある西光寺では夏休み寺子屋企画として『飴ふうせん体験』が行われた。参加したのは大人と子どもあわせて50名。…
  3.  認知症の人や家族、支援者、一般の人たちが、リレーをしながら一つのタスキをつなぎ、北海道から沖縄へと日本を縦断していくイベント『RUN伴』…
  4.  少子化が進む日本で、直面している問題は数多(あまた)ある。学校業界の中でも顕著に表れているのが部活動で、プレーをするのに必要なメンバー数…

ピックアップ記事

  1.  石粉粘土工房『花ごよみ』を主宰する澤田節子さんは、茂原市緑が丘在住。自宅兼工房には石粉粘土で作った色とりどりの作品が飾られている。石粉粘…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る