冬の寒さに明るい光を

 昨年12月、姉崎公民館で開催された『ものづくり教室 ステンドランプシェード作り』。参加者の小学生から大人まで12名は、『まちのせんせい』こと森眞一さんに教わりながら約2時間かけてカラフルなランプシェードを作成した。
 「デザインは簡単。和紙に自分の名前を墨で書いて色を塗るだけです。ローマ字でもひらがなでもOK。あくまでも模様なので、綺麗な字である必要はありません」と冒頭に説明する森さんだが、参加者たちは下書き用のデッサンに夢中。文字の組み方や大きさへのこだわりは、「こんなに悩むと思わなかった!」と、森さんが驚くほど。
 鉛筆でデザインを決めると、和紙に墨で実践。「黒い部分が映えるので、墨はなるべく太く塗りましょう」という指示に従い、和紙にははっきりとした文字が並ぶ。墨を軽く乾かした後、今度は区分けした部分に赤、黄色、紫など6色の色を自由に塗っていく。「暖色系の色でまとめました」と話す女児の手には、見るだけでほんのり温かさを感じる作品があった。
 そこまで出来れば、後は専用のビニールでラミネートするのみ。端を両面テープで留めて丸くすれば完成だ。「中に豆電球を設置して暗闇で光らせても綺麗ですが、丸めずにそのままの状態でガラス窓に貼れば光が差し込んだ時にステンドガラスのようでオススメです」と、森さんのひと声。
 完成したお互いの作品を見て回りながら、「こういう文字の書き方もオシャレだったな」、「とにかくカラフルにしました」など感想も様々だった。森さんによるものづくり教室は全4回予定。日程や参加方法など詳細は問合せを。

問合せ 姉崎公民館 
TEL 0436・61・0124

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…
  2.  平成の時代は、震度7を記録した大地震が日本で何度も起きている。阪神・淡路、新潟県中越、東日本、熊本、北海道胆振(いぶり)東部。さらに関東…
  3. 俳画と文 松下佳紀 出たばかりの春の満月は手を伸ばせば届きそうな近さと異様な大きさを見せる。家並みや山陰から音もなく浮かび上がってくる赤…
  4. 〜春の嵐の中にも恵みがある〜  このコラムを書いた日は、とても風の強い日でした。風の中を歩きながら、「風は空気があるということだから、あり…
  5. 大網白里市出身で市原市在住の鵜澤綱夫さんは4月7日(日)まで、自宅敷地内にあるギャラリー『壺中庵』にて個展を開催中だ。飾られた作品は茶碗やオ…
  6.  3月9日と16日の2週にわたり、千種コミュニティセンターで開催された講座『室内履きを編む』。袖ケ浦市で編み物サロンを営む中村初江さんを講師…
  7.  3月4日(月)、国分寺公民館で開催された『健康レシピ~野菜 de sweets!(やさいでスイーツ)~』講座。集まった15人の男女は、講師…
  8.  4月後半から5月前半は、ポットの中で種から育てた野菜やハーブの苗を、外の畑へ移植する時期です。風が吹けば飛んでしまう様な小さな種達も、今で…

ピックアップ記事

  1.  今年も心地良い季節がやってきた。3月25日(月)、国分寺公民館主催で開催された『春の国分寺散歩~国分寺周辺の花と史跡を楽しむ』に男女30…

イベント情報まとめ

  1. イベント情報まとめ ●ヤマの即売会 4/7(日) 10〜14時 房総萬花園(多田ビニール工業所内) 春期展示即売会 フ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る