【市原市】小湊鐵道沿線写生大会 表彰式 ちはら台桜小学校が県知事賞受賞

 2月13日(水)午後、第61回小湊鐵道沿線写生大会(産経新聞社主催)の表彰式が、市原市立ちはら台桜小学校の体育館で行われた。今回、同小学校は市原市長賞、ぺんてる賞、金賞ほか、計86名の児童が個人賞で入賞し、団体の最優秀賞に当たる千葉県知事賞も受賞。産経新聞社千葉総局長・斎藤浩さんは、「たくさんの応募をしてもらい、審査も甲乙つけがたいものがたくさんあった。団体賞である県知事賞はめったになく、いい思い出になってほしい」と挨拶。校長の御園生文雄さんも「皆さんが頑張って描いた作品がたくさん入賞した。絵は、心の中や頭の中で感じたことを表現したもの。みなさんのすてきな絵が、多くの人を感動させた結果です」と子どもたちの受賞に喜びの言葉を述べた。
 式典では、金賞までの子どもたちが壇に上がり、斎藤さんや小湊鐵道株式会社取締役社長・石川晋平さんらから賞状を贈られた。県知事賞を受け取った児童会長の兼久海翔くんは、「小湊鐵道は、100年以上の歴史があり、今では市原市民の生活の一部となっています。菜の花畑を走る列車や里山トロッコ列車は全国的に有名です。小湊鐵道や沿線の風景は、ぼくらの心の中にふるさとの思い出として輝き続けます。今回、学校賞をいただき大変うれしく思います」とコメントした。
 入賞した子どもたちの作品は、3月10日(日)まで小湊鐵道の車内に展示中。ちはら台桜小学校の個人賞受賞は次の通り(敬称略)。
・千葉県知事賞(最優秀賞・団体賞)代表・児童会長 兼久海翔/市原市長賞 岡本真緒(4年)/ぺんてる賞 菅原奈々美(2年)/金賞6名 鈴木蒼唯(1年) 村田颯香(2年) 今井紗季(2年) 井桁歩(3年) 髙村颯(3年) 坂井敢太(4年)/ほか銀賞16名、銅賞17名、佳作45名

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…
  2. 12月22日(日)、五井の夢ホールにて朗読音楽劇「すずの兵隊さん」の公演が行われます。市原市ちはら台の本間樺代子さんが書き下ろし、2年前の千…
  3.  市原市スポーツウエルネス吹矢大会が、8月31日、辰巳公民館にて開催されました(主催:第10回市原市スポーツウエルネス吹矢大会実行委員会、…
  4. ヒイラギ 年の瀬が近づいた雑木林の散策路で、クリスマス飾りのトゲトゲのヒイラギを見たくて近寄ってみた。枝先に付いていたのは赤い実でなく白い花…
  5. 10月1日は市原市の『市民の日』。恵まれた自然と歴史を有する市原への愛と誇りを培い、市原市の未来を考える日として市制施行40周年を記念して、…
  6. 長生郡長柄町で『いぬねこの森』を運営している今成貞江さん。平成元年に東京から長柄町に移住し、あまりに多くの犬や猫が捨てられているのを見過ごす…
  7. カーネギーおじさんに教わる(1) こども『人を動かす』友だちの作り方  この11月に創元社より刊行された話題の新刊「カーネギーおじさんに教わ…
  8. 11月3日、主選者に千葉日報俳壇選者・千葉県現代俳句協会副幹事長の清水伶さんをお迎えし、サンプラザ市原において文化祭俳句大会が開催されました…
  9. 今年ももう残りわずか。新しい年号が5月から始まり、梅雨の長雨や今まで経験した事の無いような台風被害によって、きっと忘れられない年になるのでは…
  10. 子どもというのは、親の言う通りにはしませんが、親のする通りにするものですね。また違う言い方をすれば、『親の思い通りにはならない。親の心通りに…

ピックアップ記事

  1. 『ハア キタサッサ ヨイサッサ ハ コラサット チョイサ ハア~ カモメ来て鳴け東浪見が浜へ 今日も大漁の旗の波 太東岬で入熊見れば 明日も…

イベント情報まとめ

  1. ●乗馬クラブ クレイン千葉富津 先着2組4名様をご招待! 男女・年代問わず、体に負担なく始められる乗馬。ストレス解消に、健康のために、新鮮…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る