企画・防犯特集 第2回 「電話de詐欺」の新しい手口!

 防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。
 手口の変化は、犯人グループが警察の摘発を逃れるために行っている。だましの手口のほか、取得方法も変わってきており、現在増えているものは、これまでの「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と違い、身内を騙(かた)ることも、振り込みもさせないようになってきているという。

◆現金取得方法の変遷
1. オレオレ詐欺の当初は口座番号を指定し、金融機関の窓口などから振り込ませる手口が主。
2. 金融機関で声掛けが強化された結果、犯人側は、振り込み場所に無人ATMを指定。
3. 無人ATM警戒や振込限度額の見直しなどにより、多額の現金を振り込ませることが困難になった。そこで「バイク便」や「エスパック」などを利用して現金を送付させる手口が一時期急増。
4. 対策を講じた結果、それらの手口も減少。最近では、現金やキャッシュカードを受取に来る、「受取型」という手口が主流になってる。犯人が実際に被害者の自宅などに来て、現金やキャッシュカードを受け取る方法なので、犯人としても捕まるリスクが高いという。
 以上のことから、警察では被害者の協力を得て、現金を受け取りに来た犯人を逮捕する「だまされた振り作戦」を行っている。しかし、犯人グループもこの作戦に対抗し、約束の時間直前に「自宅に行けなくなった」と言って、駅など別の場所に誘導して、知人や会社の関係者と称する者が受け取りにくる手口が増えている。
「この現金受取型の手口では、被害者が現金を用意しなければならないため、金融機関の窓口やATMを利用することがほとんど。このときが被害防止の最大のチャンスといえます」と市原警察署生活安全課員は話す。さらに、カード受取型は第三者の介在をさせないようにする手口であることから、犯人グループも警察の摘発を逃れるために、だましの手口やかたりなどを巧妙化しているほか、現金等の取得方法も変化させている。
 最新の手口では、警察や銀行の関係者を名乗り、暗証番号を聞き出し、キャッシュカードを目の前ですり替える方法がある。被害者が見ている前でカードを封筒に入れ、それを返す振りをして、あらかじめ同じ封筒に用意していた別のポイントカードなどを被害者に渡すというものだ。「調査のために数日は使わないでください」などど言い、犯行の露見も遅らせるという。
 銀行員や警察官が調査のためといって、暗証番号などを聞き出したり、カードを提出して欲しいなどということは絶対にない。「電話de詐欺」は常に手口が変化していることを意識して、私たちもニュースなどで最新の情報を知ることが大切だ。


◆「電話de詐欺」被害を防いだ千葉銀職員に感謝状

 今年7月、「電話de詐欺」の被害を未然に防いだことにより、千葉銀行八幡支店の職員ふたりに、市原警察署が感謝状を贈った。お手柄の横山和美さん、志賀健一さんは、市内在住・70代女性が「三重県に住む母親のため現金が必要」と来店した際、詐欺を疑って110番通報をした。場所を変えて携帯電話で話すなど、女性の行動の不自然さに気づいたからだそうだ。


(資料提供:市原警察署生活安全課)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  2.  茂原市にある『ほのおか館(旧本納公民館)』で活動する本納陶芸クラブ。成形や絵付け・釉掛けの講師を担当する山本さんが設立し、約30年になる。…
  3.  仕事が休みの日の午前中は、太陽が昇るか昇らないかくらいの薄暗い、まだ肌寒い時間から庭作りを始めます。前日から明日はあれをやろう、これもやっ…
  4.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  5.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  6.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  7. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  8. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る