スポ協通信 子どもと大人 勝利に向けて一心に ~市原市少年野球協会~

 本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和・南総地域を主体とする東部地区、五井周辺の西部地区、姉崎周辺の南部地区、八幡・ちはら台周辺の北部地区、各地域それぞれで男女小学生児童と野球好きな大人が元気に活動。小学児童用のJ号級という軟式球を使用するなど、安全にも配慮し運営しています。
 当協会では、野球を通じて小学児童たちの心と体の健全育成を目的に、自分で考え行動できる子どもを育成、社会貢献していくことを理念としています。協賛企業様の支援を頂きながら春、夏、秋、そして新人戦を主催、7月には市原市選抜選手の海外派遣を実施。また8月には、台湾、韓国など海外チームを招いた国際親善大会・コスモス大会を市原市と共に開催。期間中のホームステイ体験も募り、海外の選手が市原市の各家庭で宿泊する機会も設けるなど、情操教育も盛んに行っております。更には、幼児、低学年も楽しめる様、「友遊ボール」という競技を取り入れ、ちびっ子とママさんたちが一緒に疑似野球をプレイできる環境も体育協会様のご支援を頂き整えて参りました。
 野球は拘束時間も長く、ともすれば指導者たちの叱咤激励も乱暴に見えてしまうなど前時代的な要素を多く含むことから、若い保護者の方々からは、敬遠される風潮もあるようです。学童野球全体として、救急救命講習の受講、指導者認定資格の有資格者による指導の推進、中学野球指導者との交流など、積極的に学習の機会を設け、時代に沿った指導者の育成を目指しています。ですが、子どもと大人が一つの勝利に向けて一心になる姿は、今も昔も変わりません。何かを目指す過程で、子どもたちに学んでほしい、掴んで欲しい、親友を作って欲しい。当協会及び傘下チームは、このような想いで日々、子どもたちを見守っています。今後ともご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る