スポ協通信 子どもと大人 勝利に向けて一心に ~市原市少年野球協会~

 本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和・南総地域を主体とする東部地区、五井周辺の西部地区、姉崎周辺の南部地区、八幡・ちはら台周辺の北部地区、各地域それぞれで男女小学生児童と野球好きな大人が元気に活動。小学児童用のJ号級という軟式球を使用するなど、安全にも配慮し運営しています。
 当協会では、野球を通じて小学児童たちの心と体の健全育成を目的に、自分で考え行動できる子どもを育成、社会貢献していくことを理念としています。協賛企業様の支援を頂きながら春、夏、秋、そして新人戦を主催、7月には市原市選抜選手の海外派遣を実施。また8月には、台湾、韓国など海外チームを招いた国際親善大会・コスモス大会を市原市と共に開催。期間中のホームステイ体験も募り、海外の選手が市原市の各家庭で宿泊する機会も設けるなど、情操教育も盛んに行っております。更には、幼児、低学年も楽しめる様、「友遊ボール」という競技を取り入れ、ちびっ子とママさんたちが一緒に疑似野球をプレイできる環境も体育協会様のご支援を頂き整えて参りました。
 野球は拘束時間も長く、ともすれば指導者たちの叱咤激励も乱暴に見えてしまうなど前時代的な要素を多く含むことから、若い保護者の方々からは、敬遠される風潮もあるようです。学童野球全体として、救急救命講習の受講、指導者認定資格の有資格者による指導の推進、中学野球指導者との交流など、積極的に学習の機会を設け、時代に沿った指導者の育成を目指しています。ですが、子どもと大人が一つの勝利に向けて一心になる姿は、今も昔も変わりません。何かを目指す過程で、子どもたちに学んでほしい、掴んで欲しい、親友を作って欲しい。当協会及び傘下チームは、このような想いで日々、子どもたちを見守っています。今後ともご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…
  2.  自宅庭の落葉を片付けていたら、ゴツイ感のあるクロベンケイガニがじっとしていました。この時期は気温が低く、冬眠状態です。  クロベンケイガ…
  3.  風に揺れだしそうなコスモスの花、鳥が今にも飛んで来そうなチャイニーズホーリーの赤い実。 白地に描かれた植物からは、花びらや葉の手触りまで伝…
  4.  道の駅『みのりの郷東金』『東金マルシェ』で販売されているベジ・スイーツ『東金天門どう』。東金市の歴史文化を研究し生み出された銘菓です。 …
  5. 「寿」の文字をあしらった小袖、漁師の晴れ着と言われる「万祝(まいわい)」。県立中央博物館 大多喜城分館では、今年度の企画展として「福を呼ぶ小…
  6. 「失敗をしたと思うときはいつだって、それがあなたにとっての利益になる。素晴らしいことを成し遂げたという思いしかないというのなら、あなたはお…
  7.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  8.  毎年この季節は、卵やバターたっぷり濃厚な、オーブンで焼き上げる伝統的パンプキンタルトを作っていました。長い間そうした材料を使うのが当たり前…

ピックアップ記事

  1.  広さ約1万5千平方メートルの十枝の森。敷地内には30種・数百本の広葉樹が大きく枝を広げ、例年11月の終わりから12月初旬にかけ見事に色づく…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る