スポ協通信 子どもと大人 勝利に向けて一心に ~市原市少年野球協会~

 本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和・南総地域を主体とする東部地区、五井周辺の西部地区、姉崎周辺の南部地区、八幡・ちはら台周辺の北部地区、各地域それぞれで男女小学生児童と野球好きな大人が元気に活動。小学児童用のJ号級という軟式球を使用するなど、安全にも配慮し運営しています。
 当協会では、野球を通じて小学児童たちの心と体の健全育成を目的に、自分で考え行動できる子どもを育成、社会貢献していくことを理念としています。協賛企業様の支援を頂きながら春、夏、秋、そして新人戦を主催、7月には市原市選抜選手の海外派遣を実施。また8月には、台湾、韓国など海外チームを招いた国際親善大会・コスモス大会を市原市と共に開催。期間中のホームステイ体験も募り、海外の選手が市原市の各家庭で宿泊する機会も設けるなど、情操教育も盛んに行っております。更には、幼児、低学年も楽しめる様、「友遊ボール」という競技を取り入れ、ちびっ子とママさんたちが一緒に疑似野球をプレイできる環境も体育協会様のご支援を頂き整えて参りました。
 野球は拘束時間も長く、ともすれば指導者たちの叱咤激励も乱暴に見えてしまうなど前時代的な要素を多く含むことから、若い保護者の方々からは、敬遠される風潮もあるようです。学童野球全体として、救急救命講習の受講、指導者認定資格の有資格者による指導の推進、中学野球指導者との交流など、積極的に学習の機会を設け、時代に沿った指導者の育成を目指しています。ですが、子どもと大人が一つの勝利に向けて一心になる姿は、今も昔も変わりません。何かを目指す過程で、子どもたちに学んでほしい、掴んで欲しい、親友を作って欲しい。当協会及び傘下チームは、このような想いで日々、子どもたちを見守っています。今後ともご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る