ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

 冬、花も葉も枯れた何もない庭を美しく見せる。これは長い間、自分の家の庭造りを始める上での最も大きなテーマの1つでした。誰もが春や夏の草花が青々と生い茂った季節が一番美しい時期だと思うでしょう。花が咲き終わった頃の庭園に、わざわざ足を運ぼうとは思わないはずです。花の咲く時期は一年を通してほんの一瞬にすぎません。花が主役になる時間は圧倒的に少なく、言わば1年間の庭仕事に対してのご褒美のようなものです。
 庭造りを始めながら、ふと気が付けば多くの常緑樹を植えようとしている自分がいました。庭には落葉樹や一年草、それに宿根草を含めてバランスよく配分を整えなければなりません。枯れてしまった木々や、葉を落とした枝も冬の風景が持つ一部なのですから。美しいと言うこと、それは対象となるそのもの自らが美しさを発しているのではなく、見る側の感性、あるいは審美感覚よって決定されているのです。枯れたものすらも愛おしいと思える心、豊かな創造性や感受性を磨くこと、それが冬でも楽しめる庭造りを成功させる為の秘訣の様な気がします。
 今回はローズヒップのドレッシングを作ってみました。ローズヒップは以前にも述べた様にビタミンCの爆弾と呼ばれるほど豊富に含まれています。ビタミンCには強力な殺菌作用があり、これからインフルエンザの季節を迎える際の心強い味方になってくれます。

●材料
 ローズヒップのティーバッグ1袋、ワインビネガー30mg、白ワイン70mg、オリーブオイル50mg、蜂蜜 小さじ3、塩胡椒 適量
●作り方 
①白ワインを鍋で沸騰させ、アルコールを十分飛ばした後、火を止めローズヒップティーバッグを入れて4〜5分放置する。
②ティーバッグを取り、オリーブオイル、ワインビネガー、蜂蜜、塩胡椒を入れ、良くかき混ぜる。
③余熱を取ったら容器に移し、冷蔵庫で保管する。

長谷川良二
市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る