ハーブ王子のしあわせ健康レシピ

 冬、花も葉も枯れた何もない庭を美しく見せる。これは長い間、自分の家の庭造りを始める上での最も大きなテーマの1つでした。誰もが春や夏の草花が青々と生い茂った季節が一番美しい時期だと思うでしょう。花が咲き終わった頃の庭園に、わざわざ足を運ぼうとは思わないはずです。花の咲く時期は一年を通してほんの一瞬にすぎません。花が主役になる時間は圧倒的に少なく、言わば1年間の庭仕事に対してのご褒美のようなものです。
 庭造りを始めながら、ふと気が付けば多くの常緑樹を植えようとしている自分がいました。庭には落葉樹や一年草、それに宿根草を含めてバランスよく配分を整えなければなりません。枯れてしまった木々や、葉を落とした枝も冬の風景が持つ一部なのですから。美しいと言うこと、それは対象となるそのもの自らが美しさを発しているのではなく、見る側の感性、あるいは審美感覚よって決定されているのです。枯れたものすらも愛おしいと思える心、豊かな創造性や感受性を磨くこと、それが冬でも楽しめる庭造りを成功させる為の秘訣の様な気がします。
 今回はローズヒップのドレッシングを作ってみました。ローズヒップは以前にも述べた様にビタミンCの爆弾と呼ばれるほど豊富に含まれています。ビタミンCには強力な殺菌作用があり、これからインフルエンザの季節を迎える際の心強い味方になってくれます。

●材料
 ローズヒップのティーバッグ1袋、ワインビネガー30mg、白ワイン70mg、オリーブオイル50mg、蜂蜜 小さじ3、塩胡椒 適量
●作り方 
①白ワインを鍋で沸騰させ、アルコールを十分飛ばした後、火を止めローズヒップティーバッグを入れて4〜5分放置する。
②ティーバッグを取り、オリーブオイル、ワインビネガー、蜂蜜、塩胡椒を入れ、良くかき混ぜる。
③余熱を取ったら容器に移し、冷蔵庫で保管する。

長谷川良二
市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る