ホキ美術館 チケットプレゼント! 開館10周年記念 ベストコレクション展【千葉市緑区】

 ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレクション展』が開催されている。同館では代表的な作家による描きおろしの大作を3年に1度、『私の代表作』として発表。今回はその第4回で、新作15点と過去に収められた43点の『代表作』の中から主な作品や、関連する絵画が展示されている。まさしくホキ美術館のために描かれた『ベストコレクション』を紹介する展覧会である。

原雅幸《冬のアンジェリカ》2020年 ホキ美術館

 新作が展示されるギャラリー8は地下2階にあり、館内で唯一黒い壁、黒い床の特別なギャラリーだ。作家ごとに割り当てられた幅6メートルの壁面の中で、それぞれの作品が光に浮かび上がる。地上から降りていくと、そこはまるで深海に潜り込んだかのような感覚だ。日本の写実絵画の最新作を堪能できる貴重な空間となっている。
 現在入館には、新型コロナウィルス対策のため事前予約が必要。ホームページか電話にて受け付ける。開館時間は10時~17時半。休館は火曜(祝日の場合は翌日)及び12/29~1/1。一般1830円、高校・大学生・65歳以上1320円、中学生910円、小学生以下無料。
問合せ:ホキ美術館
TEL.043・205・1500
https://www.hoki-mu seum.jp/

●プレゼント
 本展招待券を5組10名様にプレゼント。はがき、FAX、メールにて申込。郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記の上、シティライフ編集室・ホキ美術館招待券係宛。1/12(火)必着。
宛先:〒290の0056 市原市五井4874の1
fax.0436・21・9142
mail:kiji@cl-shop.com

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る