外房の漁業の繁栄を見る『万祝と大漁絵馬』【いすみ市】

【写真】若山熊野神社地引絵馬(明治26年)

 

 いすみ市田園の美術館で開催中の『万祝(まいわい)と大漁絵馬』展。漁師たちの祝着『万祝』や豊漁を願った『大漁絵馬』、漁港を写したモノクロの古写真など、江戸時代~昭和の貴重な資料から、昔の外房の漁業の賑わいが分かる企画展だ。

 外房沿岸の漁業開発は、近世(安土桃山時代と江戸時代)初頭、紀州の漁民が地引網などの漁法を伝え始まったという。「折しも江戸の人口増で食料の魚と、綿や藍などの栽培で肥料の干鰯(ほしか)の需要が高まり、この地域はイワシの代表的産地になりました。その賑わいは絵馬によく描かれています」と同館スタッフ。

 いすみ市内の大漁絵馬のほとんどは、地元の作成と思われ、名前が入ったものも残り、地元絵師の作もある。主に地引き網などを行う浜の様子で、近くで見ると活気あふれる人々の表情も分かる。

絹の万祝「鶴亀」昭和初期

 万祝は大漁の時などに、船主や網元が祝宴で関係者に配ったもの。七宝、梅竹、鶴亀など縁起の良い図柄で、神社仏閣の参拝に揃いで着たとされる。万祝を作る紺屋(染め物屋)は、いすみ市内にも何件かあり、その絵付けに使った型紙も万祝とともに展示。型紙は丈夫な和紙で切り絵状にし、布地にのり付けして色をつけ、図柄を完成させたという。これら収集された型紙の多くは、館山市立博物館で保管されているそうだ。

 開催は来年1/9(祝)まで。万祝6点、絵馬11点、万祝型紙1点、その他絵図、古写真等15点を展示。開館時間は9~16時半、(月)と12/29~1/3は休館。入館無料。この年末年始、縁起物を見てみるのはいかが。

 

問合せ:いすみ市郷土資料館

いすみ市弥正93の1

Tel.0470・86・3708

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る