願いを込めた仏像130体展覧 俳優 滝田栄さん特別講演も

願いを込めた仏像130体展覧
俳優 滝田栄さん特別講演も

 長南町にある吉ゾウくんのお寺『長福寿寺』では11年前から『仏像作り教室』を開催し、100名近い生徒が心を込めて仏像を彫っている。そして9月22日~25日には、21期終了を記念して寺の本堂に130体もの仏像を展示した特別展が開かれた。
 飾られた仏像には、退職後の新たな人生目標として、亡くなった伴侶や子供の供養にと、それぞれの思いが込められている。見事な四天王像を出展した八千代市の渡辺益和さん(72)は、「これは震災後に供養にと彫ったものです。ちょうどそのころ妻にガンが見つかり、入院からたった28日で逝ってしまいました。その後しばらく彫ることができなかったのですが、妻の最期の言葉『彫っている姿がお父さんらしくて好き』。この言葉を糧にこれからの人生、彼女の供養に仏像を彫り続けたいと思っています」と話してくれた。
 不動王明王立像を出展した茂原市の海老根吉一さんは(69)は、「教室に通って5年です。私は両親の死に目に会えなかったので、仏壇を賑やかしてやろうと思い始めました。出来上がった時のすがすがしい気持ちは何とも言えません」と、一生の趣味が見つかったと目を細めていた。
 そして特別展を前に、22日、俳優の滝田栄さんを招き『仏像に祈りを込めて』と題した講演が開催された。滝田さんは、俳優を目指した話から、大河ドラマ『徳川家康』の主演が決まり、家康が幼少期人質として預けられた静岡の臨済寺を訪れたこと。舞台『レ・ミゼラブル』で14年もの間主役を務めた話を面白おかしく語ってくれた。
 その後滝田さんは、「家康以来ひっかかっていたお釈迦様を人生かけて学んでみようと思った」と、2年間、インドヘ修行の旅へ。帰国後は、自分の言葉で生きられる人生を過ごしたいと八ヶ岳で農業を営んでいる。そして自分で彫った観音菩薩で亡くなった両親の幸せを祈りたいと仏像を彫り始めた。震災後には、亡くなった方の供養にと高さ130cm、重さ130kgもある地蔵菩薩を彫り、気仙沼市に建立された地蔵堂に『みちびき地蔵』として安置されているという。
 最後に「みなさんが彫られた仏像を見て、それぞれの願いが込められているのがわかりました。仏様はもっと感じていると思います。きっと思いがけないことが起こりますから、仏様を彫るのも何かの御縁。すべてが御縁になってくれればいいですね」と結んだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  2.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  3.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  4.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  5.  サギの仲間のゴイサギ。目が赤く、頭部から背中にかけて灰青色、羽は灰色、腹部は白、足が黄色のずんぐりした可愛いサギである。幼鳥は全体が茶褐色…
  6.  現代の溢れる情報量の中、私達は様々な分野で物事を選択しています。日常の中で大なり小なり、必然的に繰り返される事柄の一つと言えるでしょう。こ…
  7.  8月、新型コロナウィルス禍を経て3年ぶりに第71回関東聾(ろう)学校野球大会が開催された。県立千葉聾学校野球部は優勝を目標に掲げるも、埼玉…
  8.  6月18日(土)、『天然ガスと茂原の未来』と題するシンポジウムが、茂原市で開催された。主催はもばら検定ガス博士実行委員会。『もばら検定ガス…
  9.  8月30日(火)~9月4日(日)、いすみ市大原文化センター2階(いすみ市大原7838)で、いすみ市在住の作家、松井美恵子さんが「コラージュ…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る