障がいがあっても普通の生活を 『母里子ネット』が支援

障がいがあっても普通の生活を
『母里子ネット』が支援

 どんな重い障がいがあろうとも、普通に、穏やかに、家族とともに繋がる。そんな充実した時間を過ごしてほしいと、平成18年に特定非営利活動法人『母里子ネット』は活動を始めた。
 前身は、長生村北水口の空き家になった民宿を借りてのデイサポートセンターだったが、現在は事業所も3カ所に増え、長生村本郷の『デイサポートセンター母里子』を中心に、同村金田で放課後等デイサービス及び児童発達支援を行っている『母里子クラブ』、そして茂原市上永吉で共同生活介護事業『ケアホーム母里子』を運営している。
「施設によっていろいろ特徴がありますが、ウチは自立や就労というよりは、まず生きる事を目標にしようとしているお子さんが多いです。コミュニケーションが取りにくく、人工呼吸器や鼻からチューブをつけているなど、寝たきりや車イスなど重度の子を多くお預かりしています」と語るのは代表の汐田千恵子さん(54)だ。
 汐田さん自身、難病の娘を抱える母親だ。出産で人生がガラリと変わったと話す汐田さんは、当時、世の中からの疎外感、働くこともできない現実に愕然としたという。娘が小学校へ入ると、「普通に暮らしたい。やりたいことはやるべき」とご両親の助けを借り仕事へ復帰した。が、医療行為が伴うと保護者の同伴がないと学校行事にも参加できないなど、重度障がい児には様々な制約の壁があり、その度に辛い思いをしてきた。そして、「本来は国や行政がすべきこと」としながらも、「これは自分で立ち上げることが必要なのかも」と思い始めたという。
 仕事を辞め、地域に飛び込み福祉の仕事をやろうと決めたちょうどそのころ、障がい者の法制度改正があり、「その度に重度の子どもたちが弾き出されてしまうんです。もうこんな思いは嫌。もういい、私がこの子たちの施設作っちゃいますって宣言しました(笑)。だからウチは重い子どもたちが多いんです」と汐田さん。
 母里子では、利用者がもっと人と関わりを持ってほしいと、散歩や買い物、食事などにもよく出かける。「そうすれば否が応でも町の人が目にしますよね。障がいが重くても選べる場所があってほしい。そして多くの人に理解してもらいたいんです。まぁそれができるのも小さな施設だから。フットワークはいいですよ(笑)」。ただ、そのためには人材がもっと欲しいという悩みも。

問合せ 母里子ネット
TEL 0475・47・4239

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…
  2.  12月13日(日)、山武市蓮沼交流センターにおいて同センター主催の『米粉いらずのお米蒸しパン教室』が開催された。新型コロナ感染予防のため、…
  3.  里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾っ…
  4.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  5.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  6.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  7. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  8.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  9.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  10.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…

ピックアップ記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る