障がいがあっても普通の生活を 『母里子ネット』が支援

障がいがあっても普通の生活を
『母里子ネット』が支援

 どんな重い障がいがあろうとも、普通に、穏やかに、家族とともに繋がる。そんな充実した時間を過ごしてほしいと、平成18年に特定非営利活動法人『母里子ネット』は活動を始めた。
 前身は、長生村北水口の空き家になった民宿を借りてのデイサポートセンターだったが、現在は事業所も3カ所に増え、長生村本郷の『デイサポートセンター母里子』を中心に、同村金田で放課後等デイサービス及び児童発達支援を行っている『母里子クラブ』、そして茂原市上永吉で共同生活介護事業『ケアホーム母里子』を運営している。
「施設によっていろいろ特徴がありますが、ウチは自立や就労というよりは、まず生きる事を目標にしようとしているお子さんが多いです。コミュニケーションが取りにくく、人工呼吸器や鼻からチューブをつけているなど、寝たきりや車イスなど重度の子を多くお預かりしています」と語るのは代表の汐田千恵子さん(54)だ。
 汐田さん自身、難病の娘を抱える母親だ。出産で人生がガラリと変わったと話す汐田さんは、当時、世の中からの疎外感、働くこともできない現実に愕然としたという。娘が小学校へ入ると、「普通に暮らしたい。やりたいことはやるべき」とご両親の助けを借り仕事へ復帰した。が、医療行為が伴うと保護者の同伴がないと学校行事にも参加できないなど、重度障がい児には様々な制約の壁があり、その度に辛い思いをしてきた。そして、「本来は国や行政がすべきこと」としながらも、「これは自分で立ち上げることが必要なのかも」と思い始めたという。
 仕事を辞め、地域に飛び込み福祉の仕事をやろうと決めたちょうどそのころ、障がい者の法制度改正があり、「その度に重度の子どもたちが弾き出されてしまうんです。もうこんな思いは嫌。もういい、私がこの子たちの施設作っちゃいますって宣言しました(笑)。だからウチは重い子どもたちが多いんです」と汐田さん。
 母里子では、利用者がもっと人と関わりを持ってほしいと、散歩や買い物、食事などにもよく出かける。「そうすれば否が応でも町の人が目にしますよね。障がいが重くても選べる場所があってほしい。そして多くの人に理解してもらいたいんです。まぁそれができるのも小さな施設だから。フットワークはいいですよ(笑)」。ただ、そのためには人材がもっと欲しいという悩みも。

問合せ 母里子ネット
TEL 0475・47・4239

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る